最近の記事

2012.5.20 「人々が教会に求めるものは」

<当日の週報はこちら
聖書箇所 テトス1:1-4
1 神のしもべ、また、イエス・キリストの使徒パウロ──私は、神に選ばれた人々の信仰と、敬虔にふさわしい真理の知識とのために使徒とされたのです。2 それは、偽ることのない神が、永遠の昔から約束してくださった永遠のいのちの望みに基づくことです。3 神は、ご自分の定められた時に、このみことばを宣教によって明らかにされました。私は、この宣教を私たちの救い主なる神の命令によって、ゆだねられたのです──このパウロから、4 同じ信仰による真実のわが子テトスへ。父なる神および私たちの救い主なるキリスト・イエスから、恵みと平安がありますように。

  「教会」と聞いて、人々が抱くイメージを何でしょうか。パイプオルガンの荘厳な音色、光輝くステンドグラス、片言の日本語でお話しする、青い眼をした宣教師。(ま、うちの教会にはそのどれもありませんが。)これらはあまりにもできすぎたイメージですが、しかし実際に若い頃、宣教師の英語クラスに参加したのが教会の初体験であったという人は多いようです。ある牧師が懐かしそうに語ってくださいました。戦後の何もない時代、宣教師の奥さんが焼いてくれた手作りクッキーのおいしかったこと!もう定年間近の大先輩であるひとりの牧師が、子どものように楽しそうに話してくれた姿は忘れられません。
 いつの時代でも、人々は教会にしかないものを求めて教会を訪れます。宣教師のクッキーや英語クラスは、それは戦後すぐの日本には、教会にしかなかったからです。今、この世の団体やカルチャー教室では受け取れず、教会にしか存在しないもの。それは何でしょうか。それこそが、人々を教会にひきつけるものとなり得るものです。それは、「人」ではないかと思っています。いわゆる「人間関係」ではなく、自立した個人としての「人」です。言い換えるならば、福音によって変えられ、人生観、価値観、あらゆるものがこの世と訣別を果たしている、自立したまことの人間。それが、今日教会しか人々に与えられないものです。私をここまで変えたのは福音の力なのですと胸を張って伝えて行く時代はいつやってくるのか。今日から始めることができます。私たちが福音の力をもう一度かみしめて、あなたも私のようになってくださいと言えるくらいに、みことばに裏打ちされた生き方に立ち戻るならば、そこには教会が生まれます。伝道とは、教会の建物に人々を呼び寄せることではなく、あなたの生き方に人々が共鳴し、自分もそうなりたいと思うことです。それは品行方正な信者になることではなく、常に神のあわれみにすがっている私たちであり続けるということです。福音に生きるとは、他の誰かではなくあなたがそのような者になること。それこそが、二千年間常に変わることのない、福音の本質です。パウロは言います。1節、「神のしもべ、また、イエス・キリストの使徒パウロ──私は、神に選ばれた人々の信仰と、敬虔にふさわしい真理の知識とのために使徒とされたのです」。

続きを読む
posted by 近 at 10:14 | Comment(0) | 2012年のメッセージ