最近の記事

2012.5.27「弱さをさらけ出す力」

<当日の週報はこちら
聖書箇所 使徒1:6-11
6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」9 こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。10 イエスが上って行かれるとき、弟子たちは天を見つめていた。すると、見よ、白い衣を着た人がふたり、彼らのそばに立っていた。11 そして、こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」

 月一回、私たちの教会はカナンという老人福祉施設を慰問しています。先日の訪問で、私はメッセージに併せて、漁師に変装してみました。ゴムの長靴、防水エプロン、頭には手拭い、右手に釣竿、左手にバケツ。黒いビニールテープでつけひげもしてみました。会場の後ろでその準備をしながら、ふとまゆげはどうしようと思いました。まゆげにも黒いビニテを貼るべきであろうか。30年前にやったように。そのとき一瞬でしたが、そのころの思い出が走馬燈のように頭の中を走り抜けていきました。
 約30年前、私が小学6年生の時です。今は廃校になった小さな学校でしたが、「6年生を送る会」が卒業間際に開催されます。私たちは送られる方の側でしたが、その学校では卒業生も御礼として歌を歌うというのが決まりでした。当日、ステージの後ろで練習していると、メンバーの母親のひとりが、あなたたち、それじゃつまらないわよと、黒と赤のビニールテープを持ってきた。いやな予感がしました。彼女は赤のテープは日の丸のように私たちのほっぺに貼り付け、黒のテープは鼻の下に、さらにまゆげにも貼り付けてきた。後ではがすことを考えると、これは拷問です。担任の先生もただ見守るしかない中、私たちは泣きべそをかきながらステージに上がりました。その背後で件のお母さんはこう声をかけてきました。「人間、いざというときはバカにならなきゃダメ」。あれから30年、あのお母さんはどうしているでしょうか。じつは今も私の実家におります。あれだけいやがったのに30年前と同じことをしている私は、きっと母の血を強く受け継いでしまったにちがいありません。
 このことで母は、他の保護者からも後できつく言われたそうです。うちの息子の眉毛をどうしてくれる、と。私もなぜ母が、たかが子供の出し物にここまで一生懸命になるのか理解できませんでした。うろ覚えですが、母はその問にこう答えた気がします。「あんたたちがつまらなそうに練習してたから、楽しくしてやろうと思ったのよ」。母もPTAの一人として、学校の雰囲気を変えたかったのでしょう。そのやり方は自分の息子さえも一時敵に回しましたが、しかし今振り返ってみると、母はこれを通して私にあることを教えてくれました。世界を変えたければ、自分を変えなければならないということです。

続きを読む
posted by 近 at 15:37 | Comment(0) | 2012年のメッセージ