最近の記事

2012.6.17「家庭から教会へ」

<当日の週報はこちら
聖書箇所 テトス1:5-9
5 私があなたをクレテに残したのは、あなたが残っている仕事の整理をし、また、私が指図したように、町ごとに長老たちを任命するためでした。6 それには、その人が、非難されるところがなく、ひとりの妻の夫であり、その子どもは不品行を責められたり、反抗的であったりしない信者であることが条件です。7 監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、8 かえって、旅人をよくもてなし、善を愛し、慎み深く、正しく、敬虔で、自制心があり、9 教えにかなった信頼すべきみことばを、しっかりと守っていなければなりません。それは健全な教えをもって励ましたり、反対する人たちを正したりすることができるためです。
 
 牧師というのは、ちょっと問題のある人たちの集まりです。初対面の牧師が会議に集まると、お互いにこんな質問を投げ合います。「○○先生の教会は、礼拝何人くらいですか」。礼拝が何人だろうが、別にいいじゃないかと思うのです。世には二人家族もいれば、十人家族もいます。でも真っ先に「何人家族ですか」と聞いてくることはまずないわけです。初対面の人に「何人家族」と聞いてくるのは、よっぼど家族にトラウマを抱えている人ではないかと思います。そして「近先生の教会」とか呼ばれるのも、私は好きではありません。うちには「豊栄キリスト教会」という立派な名前があるのです。これが「北区キリスト教会」とか「嘉山キリスト教会」だったら、たぶん泣きますね。ましてや「近先生の教会」とかいう名前で呼ばれたくはない。そして「○○先生の教会」と呼ばれるとき、何となく信徒の存在が無視されているような気がしてならないのです。

 パウロは、テトスに不思議な言葉を書き送っています。5節、「私があなたをクレテに残したのは、あなたが残っている仕事の整理をし」と。これは、何だか私たちが知っているパウロ像とは違うように思えます。パウロは常に教会を人と結びつけて語る使徒でした。しかし「仕事の整理」という言葉から思い浮かぶのは帳簿の山で、人ではありません。でも見落としてはならないのは、パウロがいう「仕事」とは、やはり人のことであるのです。彼がいう仕事、それはクレテの教会が自立するために、人々をみことばによって育てていくということです。パウロによって、それが一番心残りで、かつ真っ先に取りかかってほしい仕事でした。いったい、聖書を教えるよりも大切な仕事が、神のしもべにあるでしょうか。パウロがわざわざ「仕事」とテトスに書き送るからには、それは帳簿や請求書の束のことではありません。テトスよ、私が取りかかったように、あなたもみことばを正しく語ることに取りかかれ。そのために教える力のある長老たちを町ごとに任命し、クレテにある幼子のような教会を自立させていくのだ。それがこの5節に書かれてあることばです。

 今「自立」という言葉を使いましたが、現在では教会の自立と言うと、教会員が増えて外部からの経済的援助を受けずにやっていけるという意味で語られます。しかしもし教会の自立がそれだけだとしたら、とても悲しいことです。教会が自立するというのは、経済的に独立することではありません。信徒ひとり一人が、みことばを正しく理解し、それを生活の中で実践していくこと。そして問題が起きたときも、そのみことばを基準として対処していく力を身につけること、それが真の意味で教会が自立するということです。じつは人数的に、また経済的には豊かであっても、真に自立していない教会もあります。私が卒業した神学校の講師から聞いた話です。その講師が、地方の大きな教会に招かれて礼拝説教を語りました。彼はキリスト教教理の根本である「神、罪、救い」を聖書から紐解き、会衆に語りました。しかし説教後、ある役員がこう言ってきました。「先生、教理も大事ですが、求道者やはじめて来た方のために、もっと簡単で恵まれる話をしていただければもっとよかったのですが」。
 聖書の教理から離れて、いったい誰が救われるでしょうか。教理から離れて、愛や恵みを連発する説教は、人の心に感動を与えても、たましいに救いを与えることはできません。私たちが聖書の教えを難しいと言ってぼかすならば、教会は必ず病気になります。牧師の人柄、説教のおもしろさ、教会の雰囲気、人間関係、それらは教会に与えられた賜物でもあります。しかしそれだけに私たちが依存しているならば、決して自立した教会とは言えません。真の自立とは、信徒一人ひとりがこの聖書に語られている真理を自分の血、肉、骨として常に噛みしめて歩んでいるかどうかなのです。

続きを読む
posted by 近 at 11:47 | Comment(0) | 2012年のメッセージ