最近の記事

2012.6.24「まことの安息」

<当日の週報はこちら
本日の説教は、宣教区一斉講壇交換として、新発田キリスト教会の本間羊一牧師が語られました。本人の了解を得て、説教原稿及び説教映像を掲載いたします。

聖書箇所 出エジプト20:8-11
8 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。9 六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。10 しかし七日目は、あなたの神、【主】の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。──あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴隷、家畜、また、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も──11 それは【主】が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、【主】は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。
 
 今日は、新潟山形宣教区講壇交換で、こうして豊栄キリスト教会で皆様と共に礼拝を過ごせることを感謝致します。
 新発田キリスト教会は、宣教区レベル開拓教会、つまり新潟の諸教会で祈り支えつつ始めていこうという教会として、2003年にスタートしまして10年目となりました。今、礼拝は大人と子ども合わせて十数名、といったところです。小さな群れですが、最近嬉しいニュースがありました。祈っていただいている入院中の阿久津眞慈君、まだ1歳と数カ月、昨年6月に肺出血を起こし、脳にダメージが残って意識不明が続いていますが、最近、脳機能の検査を行った結果、入院当初は働きが無いと言われていた脳波が少しずつ回復しているとのお話であり、呼吸についても、まだ人工呼吸器の助けが必要ですが、以前より自発呼吸の回数も増えている、ということでした。このことについては新潟山形宣教区の皆様にも覚えてお祈りいただいております。豊栄の皆様からもいつも祈りと励ましをいただいております。この1950年より北欧系アメリカ人宣教師達が新潟各地で献身的に伝道し、新潟の幾つかの教会の産声があがっていき、60数年を経て、現在、新潟山形宣教区として12の教会があり、そこに互いに赦し合い、祈り合い、支え合う命の通った交流があることに、改めて、あたたかいものを感じているこのごろであります。

 今日は、十戒の第四戒、「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ」という戒めから、私たちの真の安息としての礼拝ということを覚えていきたいと思います。
「六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない」(出エジプト記20:10)
 神の民であるユダヤ人は、これを重んじ、守りました。日曜日から始まる一週間、日曜日から金曜日までの6日間は働き、土曜日を安息日として何もしない日として定め、神への礼拝をささげたのであります。ユダヤ教にとって安息日の礼拝は土曜日であります。
 長い歴史の中で、ユダヤ人たちはこの戒めを守るために、さらに様々な細かな規則を作り上げていきました。安息日には働いてはならない。それならばあれもしてはならない、これもしてはならない。たとえば、種まき、刈入れといった農作業、物の売り買い、火をつけること、食事の用意、900m以上の歩行、急病ではない病気のいやし、等は絶対に禁じられていました。最初の動機としては、大変真面目なものであったと思います。神の命令を正しく守っていきたい。
 しかしそうなると、いつしか、その決まりを守ること自体が重要となってしまい、おかしなことになっていく。それに対し、イエス様は強く批判をされたことが福音書に記されています。当時の民衆の指導者たちであったパリサイ人や律法学者とイエス様はしばしば論争をしましたが、その中でも安息日に関する論争は、「安息日論争」と呼ばれるほどに重要なものであります。ある安息日に、イエス様の弟子がお腹を減らし、道々、麦の穂を手で摘み取り、それを揉んで、そのまま食べたことがありました。当時の人としては普通の行為だったのでしょう。しかし、それにパリサイ人は目をつけ、安息日に刈入れをしていると批判しました。あるいは、ある安息日に、イエス様が病人を神の力によって癒されたとき、安息日に治療行為をしたと言って批判しました。神の戒めを破っているではないか、と。
 しかし、そのような時にイエス様は言われました。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。人の子は安息日にも主です」(マルコ2:27)。
 パリサイ人たちは、安息日の規則を守るために神経質になりました。しかし、イエス様にとって、安息日とは人間に安息をもたらす日であったのであります。安息日のために人間がいるのではない。人間のために安息日がある。私たちのために神が安息日を設けてくださった。これは私たちも深く探られる思いがします。礼拝をささげることはとても大切です。しかしなぜそれが大切なのか。神がお命じなったことだから、確かにそれも一つの答えです。しかし、神がお命じなったから、ただそれを機械的に守る。礼拝にただ出席しさえすればよい。そこでとどまってしまうとしたら、私たちはパリサイ人と本質的にはどんぐりの背比べになってしまうのではないでしょうか。
 神のお命じなったこととして受け止めつつ、それは私たちのため、私たちの真の安息のために設けられた日なのだ。礼拝を大切にする生活は、私たちにとって大きな恵みなのだということを第四戒と共に心に繰り返し刻んでおきたいことであります。

続きを読む
posted by 近 at 14:32 | Comment(0) | 2012年のメッセージ