最近の記事

2013.3.17「十字架の裏側を見よ」

<当日の週報はこちら

説教に先立ち、信徒の証しがありました。



聖書箇所 ルカの福音書22章24-34節
 24 また、彼らの間には、この中でだれが一番偉いだろうかという論議も起こった。25 すると、イエスは彼らに言われた。「異邦人の王たちは人々を支配し、また人々の上に権威を持つ者は守護者と呼ばれています。26 だが、あなたがたは、それではいけません。あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。27 食卓に着く人と給仕する者と、どちらが偉いでしょう。むろん、食卓に着く人でしょう。しかしわたしは、あなたがたのうちにあって給仕する者のようにしています。28 けれども、あなたがたこそ、わたしのさまざまの試練の時にも、わたしについて来てくれた人たちです。29 わたしの父がわたしに王権を与えてくださったように、わたしもあなたがたに王権を与えます。30 それであなたがたは、わたしの国でわたしの食卓に着いて食事をし、王座に着いて、イスラエルの十二の部族をさばくのです。
 31 シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。32 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」33 シモンはイエスに言った。「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」34 しかし、イエスは言われた。「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」

 今日は、教会員の山ア敬典兄に闘病の証しをしていただきました。兄弟を通して働いてくださった神さまの御名を崇めます。しかしその証しは闘病記というよりは病を通してじつに多くの恵みを得たという告白にあふれています。ある方は「闘病」ではなく「問う病」(この「トウ」は「問いかける」という漢字です)と呼ぶべきだと言います。兄弟のご家族は、最初の手術が成功に終わったはずなのに、どうしてまだ不調が続くのだろうと不安に思ったでしょう。どうして?どうして?ご家族にとって、まさに「問う病」です。しかし兄弟本人は、その中にあっても平安があった。神が必ず私を守り、導いてくださると。それもまた「問う病」です。ただし問いかけた相手は自分です。ちょうど詩篇103篇のように。「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな」。この病を通して、神様もまた兄弟のたましいに問いかけました。「それでもあなたはわたしに従うか」。彼はその問いかけに強く頷いたと信じます。そして私は病に限定して語ってきましたが、人生のあらゆる問題−−それは厄介ごとのままで終わることは決してありません。その様々な問題を通して、私たちの心の内側にある隠れた思いがあぶり出されていきます。それが試練です。聖書は言います。「訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか」(ヘブル12:7)。

 試練を通して、私たちは成長します。心に隠れたものがあぶり出され、より神に近づこうとする信仰へと導かれます。しかしもしそうだとすると、イエス様も試練を経験されたということはどう考えるべきでしょうか。28節、「けれども、あなたがたこそ、わたしのさまざまの試練の時にも、わたしについて来てくれた人たちです」。主が経験された「さまざまの試練」。ある人は、荒野の誘惑を思い起こすでしょう。またある人は、この後のゲツセマネの祈りを連想するかもしれません。しかしそのどちらにも、弟子はおりません。主は一人で悪魔と立ち向かい、父なる神に絶叫しました。いったいここで主が言われる「さまざまの試練」とは何のことなのでしょうか。私はこう思います。さまざまの試練、それはイエスが弟子たちと共に歩まれた三年半の歩みの日々すべてを指しているのだ、と。その三年半の最後に待ち受けるものを、イエスもまた恐れ、怯え、その見えない格闘の中で父なる神から訓練された。それゆえに「試練」と呼んでいるのだ、と。そして三年半の最後に待ち受けるもの、それこそが十字架の苦しみであります。
 今の私の言葉につまずきをおぼえる方もいるかもしれません。イエスが恐れ、怯え、訓練された、だって?救い主、王の王、主の主であるキリストがなぜ恐れるのか。怯えるのか。訓練される必要があるのか。しかし私たちは、イエスが神でありながら人としてお生まれになったという事実を正しく理解しなければなりません。罪は決して犯されませんでしたが、人としてのあらゆる苦しみをなめられた方、それがイエス様なのです。三年半の公生涯どころか、飼い葉桶に寝かされたその時から十字架を背負っておられました。その人生の中で、一瞬たりとも十字架の重荷を忘れることができた日はなかったことでしょう。

続きを読む
posted by 近 at 20:55 | Comment(0) | 2013年のメッセージ