最近の記事

異端者ペラギウス−信仰と生活の一致を目指して−

※以下の文章は、神学校1年時(1999年)「神学英書講読」の提出課題を修正したものです。

 ペラギウスは、アウグスティヌスといわゆるペラギウス論争を闘わせた人物として有名である。しかし同時に彼は“異端者”でありながら、アウグスティヌス以上に後世に影響を与えたといっても過言ではない。ヴァン・ティルによれば、ペラギウスから始まった原罪否定は近代の哲学者たちに好んで受容され、その系譜にはカントシュライエルマッハーリッチュルらが名を連ねているという。(1)
 一方、放蕩生活から劇的な改心を経て、罪に対する無力さを確信するに至ったアウグスティヌスは、人間が罪を犯さない力も与えられているという、ペラギウスの主張を決して受け入れることはできなかった。彼はペラギウス論駁の著述のみならず、異端審問官の派遣や教会公会議の召集を教皇本庁にたびたび要請するなど、あらゆる政治的活動も駆使してペラギウス個人とその影響の駆逐に力を注いだ(2)
 しかしその努力にも関わらず彼の死後、この異端者は半ペラギウス主義として命脈を保った。そしてその残滓はアルミニウス主義の中に自らを滑り込ませた。ジョナサン・エドワーズが原罪について論じた著作の中で、ペラギウスとアルミニウスを並行して語っていることは注目すべきであろう(3)。宇田進氏は『福音主義キリスト教と福音派』の中で、このアルミニウス主義が、今日のプロテスタント諸派の多くに影響を与えていることを指摘している(4)。すなわち異端者ペラギウスは形を変えながら現代の“福音主義”神学の中に脈々と生き続けているのである。

 一般にペラギウスは、パウロから始まりルターによって再発見される「恵みの神学」を否定した者として1500年間、新旧教会双方から異端とみなされ続けてきた。しかし近年[筆者注:1999年当時]、ペラギウスを肯定的に評価する動きが同じくカトリック、プロテスタント双方から出てきたことは注目に値する。上智大学中世思想研究所が、最近出版した教父著作集の中に、テルトゥリアヌスやアウグスティヌスと並んでペラギウス書簡を入れていることはまことに象徴的と言える(5)。そこには異端者ペラギウスではなく牧会者ペラギウスという新しい評価が垣間見えるのである。すなわち、彼は確かに人間が罪を犯さないこともできると説いた。しかしそれは神学的主張というよりは、牧会的配慮と言うべきものである、と。大量入信の時代、放縦の中にとどまり続けているキリスト者があまりにも多い中、罪から離れた生活を人々に警告するための、いわばレトリックであったという新しい分析である(6)
 しかし実のところこのペラギウス主義とはいったいいかなるものであったのか。続きを読む
posted by 近 at 14:16 | Comment(0) | 神学校時代のレポート