最近の記事

緊張の説教論(3)「1-1.いのちを与える説教めざして」

第一章 今なぜ「緊張の説教論」か    今日の説教壇を取り巻く状況についての一考察

第一節 「いのち」を与える説教めざして

 宗教は今日、人間の幸福のための単なる一手段とか、社会的な一有用物といったところまで、かつてなかったほどに落ち込んでしまった。・・・・(中略)・・・・宗教の領域全体に霊的情熱も霊的深みも欠けている。キリスト教が人間的な文明の言葉を語り、キリストの言葉を語っていない。(1)
 これは決して21世紀の言葉ではない。今からほぼ百年前、P.T.フォーサイスによって語られた言葉である。不名誉なことではあるが、まるで時代の隔たりを感じさせない指摘と言えるだろう。この一世紀の間、教会は霊的情熱と霊的深みを回復できただろうか。説教はキリストの言葉を語ってこれただろうか。フォーサイスよりさらに半世紀前、ルターを生み出した国の、ある牧師の息子はこう叫んだ。「神は死んだ。否、人間が神を殺したのだ」と。しかし今日、多くの教会の会衆席では、さらに辛辣な囁きが聞こえている。「神の言葉は死んでいる。否、説教者が神の言葉を殺しているのだ」。いまや神の言葉の説教は使い古された例話、現実味のない「愛」や「恵み」の連発で彩られている。そのような説教に会衆は何が期待できるのだろうか。彼らはもはや説教に何も期待していない。説教が語り始められた時、彼らが期待することは一つ、それが一刻も早く語り終えられることである。これらはあまりにも悲観的な指摘に思えるかもしれない。しかし断じて筆者は遠い国の知らない教会の話をしているのではない。日本の教会、その中でも福音派を標榜している、私たちの教会の実状について自戒として記しているのである。続きを読む
posted by 近 at 09:25 | Comment(0) | 説教論