最近の記事

緊張の説教論(14)「4-3.“緊張された言葉”によるバルト的宣教限界の打破」

 バルトの聖書論及び説教論が、可謬的な人間の言葉が「神の言葉になる」という命題に尽きることは既に述べた。福音派陣営からは、シカゴ宣言が示すように、「神の言葉になる、ではなく、神の言葉である」という言語十全霊感によって、この命題に反論を示してきた。宇田進氏は「バルトのような聖書観に立つ時、ついには神そのものを、そして福音の真理そのものを確実に知るということが言えなくなるのではないか(53)」というヴァン・ティルによる批判を紹介しているが、まさに妥当な指摘と言えるであろう。
 バルト神学においては、人間の語る言葉が神の言葉になるという。それは礼拝の場において聖霊が与える奇跡である。説教者にとって、自分の語る言葉が神の言葉であるという現実は極めて「畏れ多い」ことである。そこには当然緊張が生まれる。有限なる者の語る言葉が無限なる神の言葉となる緊張、神の御前に語っているという緊張が当然生起する。
 しかしバルト神学において、決して語られない緊張がある。それは、聖書の事実性そのものから生起する緊張である。続きを読む
posted by 近 at 17:11 | Comment(0) | 説教論