最近の記事

2014.12.14「神は小さき者として下られた」

 ようやく溶けかけたと思っていた積雪が、この土日で逆戻り。当教会の第一礼拝(8:00〜)も、今日は雪かきのため中止になりました。というか、大雪のためにだれも来られなかったというのが事実ですが。そんなわけで、雪かきで腰を痛めてしまった豊栄キリスト教会牧師、近 伸之です。週報はこちらです。

聖書箇所 ピリピ人への手紙2:6-11
 6 キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、
7 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、
8 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。
9 それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。
10 それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、
11 すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。

続きを読む
posted by 近 at 18:00 | Comment(0) | 2014年のメッセージ