最近の記事

2015.1.4「悔い改めからバプテスマへ」

 新しい年が始まりました。怒濤のクリスマスもほっと一息、午後はうちの教会に珍しく、何も予定が入っておりません。
ようやくお正月気分を味わえると思った矢先、突然「今日は時間があるし、みんなで映画を見よう」というだれかの一言。 
豊栄キリスト教会恒例、「思いついたらその日のうちに」です。メル・ギブソン監督、『パッション』大映写会が始まりました。
映画の内容はすばらしかったです。悪天候の中、ツ○ヤまでDVDを探しに行った有志にも感謝。週報はこちらです。

聖書箇所 マタイの福音書3:1-12
 1 そのころ、バプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教えを宣べて、言った。
2 「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」
3 この人は預言者イザヤによって、「荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ』」と言われたその人である。
4 このヨハネは、らくだの毛の着物を着、腰には皮の帯を締め、その食べ物はいなごと野蜜であった。
5 さて、エルサレム、ユダヤ全土、ヨルダン川沿いの全地域の人々がヨハネのところへ出て行き、
6 自分の罪を告白して、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けた。
7 しかし、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けに来るのを見たとき、ヨハネは彼らに言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。
8 それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。
9 『われわれの父はアブラハムだ』と心の中で言うような考えではいけない。あなたがたに言っておくが、神は、この石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。
10 斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。
11 私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力のある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。
12 手に箕を持っておられ、ご自分の脱穀場をすみずみまできよめられます。麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。」

続きを読む
posted by 近 at 17:52 | Comment(0) | 2015年のメッセージ