最近の記事

2015.1.18「力によらず、奇跡によらず」

 こんにちは。昨日2015.1.17は、阪神淡路大震災からちょうど20年ということで、様々なメディアで特集が組まれていました。
地震が起きて逃げるとき、大事なことは「ブレーカーの電源を落としてから逃げる」ことだそうです。
それによって、震災時の出火を相当減らすことができるということです。うろ覚えですが。
ただ、地震が起きたとき、そこまで余裕のある行動ができる人というのは、あまりいないような気がします。
というか、ブレーカーって、何であんな高い所にあるのでしょうか。脚立がどこにあるか、探すのが大変です。
週報はこちらです。

聖書箇所 マタイの福音書4:1-11
 1 さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。
2 そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。
3 すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」
4 イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。」
5 すると、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の頂に立たせて、
6 言った。「あなたが神の子なら、下に身を投げてみなさい。『神は御使いたちに命じて、その手にあなたをささえさせ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにされる』と書いてありますから。」
7 イエスは言われた。「『あなたの神である主を試みてはならない』とも書いてある。」
8 今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、
9 言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」
10 イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」
11 すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。

続きを読む
posted by 近 at 18:00 | Comment(0) | 2015年のメッセージ