最近の記事

2015.1.25「長い苦しみ、短い言葉」

こんにちは。今日の愛餐会では映画『サン・オブ・ゴッド(Son of God)』の話題で持ちきりでした。
『パッション』とはまた違った魅力があり、特に人物描写に長けているとのことです。
とはいえ、あまり万人受けする映画ではないので、上映期間も短かいようです。
新潟では今週の金曜日で上映が終了してしまうので、まだの方は(自分も)急いでご鑑賞ください。週報はこちらです。

聖書箇所 ヨハネの福音書5:1-9a
 1 その後、ユダヤ人の祭りがあって、イエスはエルサレムに上られた。
2 さて、エルサレムには、羊の門の近くに、ヘブル語でベテスダと呼ばれる池があって、五つの回廊がついていた。
3 その中に大ぜいの病人、盲人、足のなえた者、やせ衰えた者たちが伏せっていた。
5 そこに、三十八年もの間、病気にかかっている人がいた。
6 イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」
7 病人は答えた。「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」
8 イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」
9 すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。

続きを読む
posted by 近 at 16:49 | Comment(0) | 2015年のメッセージ