最近の記事

2015.3.15「追放よりも解放を」

 私たちの教会では、毎月第3日曜日に、あるキリスト教系の老人福祉施設に慰問に行っています。
ただの慰問じゃありませんよ。牧師のメッセージをプロジェクターでホワイトボードに映して、お年寄りの心をグッとつかみます。
もっとも本当にグッとつかんでいるのは、その後のプレゼント争奪じゃんけん大会のほうですが。
今日は「瀧 廉太郎はクリスチャンで、外国の賛美歌には『荒城の月』のメロディーが使われているものもある」という話をしました。
ところが肝心の、その動画がプロジェクターに映らない。何とか言い訳して事なきを得ましたが、せっかく準備したので、リンクを貼っておきます。
ベルギーのシュヴトーニュ修道院で1986年から歌われている「ケルビム賛歌」です。週報はこちらです。



聖書箇所 ルカの福音書4:31-44
 31 それからイエスは、ガリラヤの町カペナウムに下られた。そして、安息日ごとに、人々を教えられた。32 人々は、その教えに驚いた。そのことばに権威があったからである。33 また、会堂に、汚れた悪霊につかれた人がいて、大声でわめいた。34 「ああ、ナザレ人のイエス。いったい私たちに何をしようというのです。あなたは私たちを滅ぼしに来たのでしょう。私はあなたがどなたか知っています。神の聖者です。」35 イエスは彼をしかって、「黙れ。その人から出て行け」と言われた。するとその悪霊は人々の真ん中で、その人を投げ倒して出て行ったが、その人は別に何の害も受けなかった。36 人々はみな驚いて、互いに話し合った。「今のおことばはどうだ。権威と力とでお命じになったので、汚れた霊でも出て行ったのだ。」37 こうしてイエスのうわさは、回りの地方の至る所に広まった。
 38 イエスは立ち上がって会堂を出て、シモンの家に入られた。すると、シモンのしゅうとめが、ひどい熱で苦しんでいた。人々は彼女のためにイエスにお願いした。39 イエスがその枕もとに来て、熱をしかりつけられると、熱がひき、彼女はすぐに立ち上がって彼らをもてなし始めた。
 40 日が暮れると、いろいろな病気で弱っている者をかかえた人たちがみな、その病人をみもとに連れて来た。イエスは、ひとりひとりに手を置いて、いやされた。41 また、悪霊どもも、「あなたこそ神の子です」と大声で叫びながら、多くの人から出て行った。イエスは、悪霊どもをしかって、ものを言うのをお許しにならなかった。彼らはイエスがキリストであることを知っていたからである。
 42 朝になって、イエスは寂しい所に出て行かれた。群衆は、イエスを捜し回って、みもとに来ると、イエスが自分たちから離れて行かないよう引き止めておこうとした。43 しかしイエスは、彼らにこう言われた。「ほかの町々にも、どうしても神の国の福音を宣べ伝えなければなりません。わたしは、そのために遣わされたのですから。」
 44 そしてユダヤの諸会堂で、福音を告げ知らせておられた。

続きを読む
posted by 近 at 18:00 | Comment(0) | 2015年のメッセージ