最近の記事

2015.3.29「暗闇はらわれし時」

 数年前から、「ハロウィン」を銘打ったお菓子が登場するようになりました。たとえば、こんなの。
o040003051173-400x305.jpg
ハロウィンは直接キリスト教とは関係ないので、むしろイースターのほうを出してよ、亀田製菓さん。
と思っていたら、廉価版スイーツの老舗、モンテールさんより、期間限定でこんな商品が。
96958A9E889DEAE6E2E1E2E4E2E2E2E4E2E1E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSXKZO8403061006032015TI0000-PN1-2.jpg
ちなみに写真のミルクカスタードプリンは「なめらか」、同時発売のカラメルカスタードプリンは「かため」だそうです。
それにしても、クリスマス、ハロウィンに続いてイースターがお菓子業界で市民権を得てきたのは喜ばしいこと。
もうすぐパッケージに「レント(四旬節)」が出てくる日も近いかもしれません。モンテールさん、よろしくお願いします。
聖書そのまま「受難」でもいいです。食べるのが怖いような気もしますが。週報はこちらです。

聖書箇所 マタイの福音書27:45-56
 45 さて、十二時から、全地が暗くなって、三時まで続いた。
46 三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
47 すると、それを聞いて、そこに立っていた人々のうち、ある人たちは、「この人はエリヤを呼んでいる」と言った。
48 また、彼らのひとりがすぐ走って行って、海綿を取り、それに酸いぶどう酒を含ませて、葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。
49 ほかの者たちは、「私たちはエリヤが助けに来るかどうか見ることとしよう」と言った。
50 そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。
51 すると、見よ。神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けた。そして、地が揺れ動き、岩が裂けた。
52 また、墓が開いて、眠っていた多くの聖徒たちのからだが生き返った。
53 そして、イエスの復活の後に墓から出て来て、聖都に入って多くの人に現れた。
54 百人隊長および彼といっしょにイエスの見張りをしていた人々は、地震やいろいろの出来事を見て、非常な恐れを感じ、「この方はまことに神の子であった」と言った。
55 そこには、遠くからながめている女たちがたくさんいた。イエスに仕えてガリラヤからついて来た女たちであった。
56 その中に、マグダラのマリヤ、ヤコブとヨセフとの母マリヤ、ゼベダイの子らの母がいた。

続きを読む
posted by 近 at 19:25 | Comment(0) | 2015年のメッセージ