最近の記事

求められるのは知識、識別力、そして愛

 私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。またあなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく、イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現わされますように。(ピリピ1:9-11)

 「神社に油」事件が世間をにぎわせている。マスコミ、インターネットに氾濫している情報を整理すると、以下のようになるだろう。
・容疑者はアメリカ在住の日本人国籍の52歳医師。
・数年前よりキリスト教系の宗教団体を立ち上げ、国内・国外で活動してきた。信者は約100人。
・神社仏閣を偶像と悪霊の拠点とみなし、「きよめ」のために油(アロマオイル?)を撒いた。
・警察は、容疑者が日本に帰国次第、逮捕する方向を固めている。
マスコミでは実名を伏せているものの、インターネットで「神社に油」と検索すると、団体名、容疑者の氏名、そして写真も容易にヒットする。

 これらの情報から判断するならば、数ヶ月前に私たちの教会を訪問してきた団体で間違いない。
ある日曜の夕方、一人の中年男性(容疑者本人ではない)および二人の若い女性が牧師との面談を求めて、教会を訪れた。
男性は名刺とチラシを取り出し、「今度新潟XXXで聖会を行うので、ぜひ先生に信徒を誘って来てほしい」と言った。

 その時点で、この団体のカルト性を見抜いていたわけではない。ただ、この男性の「証し」に違和感を覚えたのは確かである。
彼は大手企業で管理職として勤め、もともと伝統的プロテスタント教会に所属していたという。
だが「K先生という本当の神の人に出会ってから、聖霊様の本当の満たしを受けて、本当の信仰がわかったのです」。

 「本当の」を何度も繰り返す人は、営業マンであれ、宗教関係者であれ、相手よりも自分を納得させるためにこの言葉を乱用する。
新潟の各教会を訪問すると言うわりには、豊栄の近隣にどんな教会があるのか把握していなかったことも不思議だった。
結局私はその集会を積極的にアピールするつもりにはなれなかった。続きを読む
posted by 近 at 08:54 | Comment(0) | 牧会卓話