最近の記事

2015.12.13「交わりに生きた女性たち」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
2011〜12年まで二年間、当教会で神学生として奉仕くださったT姉が教団の補教師試験に合格したという知らせを受け取りました。
ここに至るまで決して平坦な道のりではなかったと聞いています。私たちはただ背後で祈ることしかできませんでした。
しかし「信じたとおりになる」(マタイ8:13)というまっすぐな信仰を、T姉は堅持して歩んでこられました。
dogmaticな人々から批判を受けたことも、いずれ牧会の現場で起こることに対する訓練となりましょう。
神が私たち牧者に求めておられるのは謙遜です。どうかこれからの歩みが導かれるように。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』1章39-56節
 39 そのころ、マリヤは立って、山地にあるユダの町に急いだ。
40 そしてザカリヤの家に行って、エリサベツにあいさつした。
41 エリサベツがマリヤのあいさつを聞いたとき、子が胎内でおどり、エリサベツは聖霊に満たされた。
42 そして大声をあげて言った。「あなたは女の中の祝福された方。あなたの胎の実も祝福されています。
43 私の主の母が私のところに来られるとは、何ということでしょう。
44 ほんとうに、あなたのあいさつの声が私の耳に入ったとき、私の胎内で子どもが喜んでおどりました。
45 主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」
46 マリヤは言った。「わがたましいは主をあがめ、
47 わが霊は、わが救い主なる神を喜びたたえます。
48 主はこの卑しいはしために目を留めてくださったからです。ほんとうに、これから後、どの時代の人々も、私をしあわせ者と思うでしょう。
49 力ある方が、私に大きなことをしてくださいました。その御名は聖く、
50 そのあわれみは、主を恐れかしこむ者に、代々にわたって及びます。
51 主は、御腕をもって力強いわざをなし、心の思いの高ぶっている者を追い散らし、
52 権力ある者を王位から引き降ろされます。低い者を高く引き上げ、
53 飢えた者を良いもので満ち足らせ、富む者を何も持たせないで追い返されました。
54 主はそのあわれみをいつまでも忘れないで、そのしもべイスラエルをお助けになりました。
55 私たちの父祖たち、アブラハムとその子孫に語られたとおりです。」
 56 マリヤは三か月ほどエリサベツと暮らして、家に帰った。

続きを読む
posted by 近 at 14:46 | Comment(0) | 2015年のメッセージ