最近の記事

2016.1.17「聞く耳のある友へ」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
昨年、某オリンピックのロゴデザインが外国の既成のロゴを剽窃していたという事件がありました。
説教者も人間ですから、以前どこかで聞いた、人の説教を無意識にパクってしまうことがあり得ないというわけではありません。
今日の聖書箇所は、書き終わってから気づきましたが、二年前に語った礼拝説教と同じ所でした。
人のではなくて自分の説教だったのが幸いですが。
真逆のことを言っていてもつまずくし、同じことを繰り返しているのもまたつまずく。
ドキドキしながら前の説教を読み直しました。基本線は同じですが、細部では微妙に違っており、とりあえず一安心。
半年も経つと、どこから語ったか忘れてしまうことがあります。
説教は心に刻みつけるものですから、それではいけないとは思っているのですが。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章4-15節
 4 さて、大ぜいの人の群れが集まり、また方々の町からも人々がみもとにやって来たので、イエスはたとえを用いて話された。5 「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると、人に踏みつけられ、空の鳥がそれを食べてしまった。6 また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。7 また、別の種はいばらの真ん中に落ちた。ところが、いばらもいっしょに生え出て、それを押しふさいでしまった。8 また、別の種は良い地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」イエスは、これらのことを話しながら「聞く耳のある者は聞きなさい」と叫ばれた。
 9 さて、弟子たちは、このたとえがどんな意味かをイエスに尋ねた。10 そこでイエスは言われた。「あなたがたに、神の国の奥義を知ることが許されているが、ほかの者には、たとえで話します。彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためです。11 このたとえの意味はこうです。種は神のことばです。12 道ばたに落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞いたが、あとから悪魔が来て、彼らが信じて救われることのないように、その人たちの心から、みことばを持ち去ってしまうのです。13 岩の上に落ちるとは、こういう人たちのことです。聞いたときには喜んでみことばを受け入れるが、根がないので、しばらくは信じていても、試練のときになると、身を引いてしまうのです。14 いばらの中に落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞きはしたが、とかくしているうちに、この世の心づかいや、富や、快楽によってふさがれて、実が熟するまでにならないのです。15 しかし、良い地に落ちるとは、こういう人たちのことです。正しい、良い心でみことばを聞くと、それをしっかりと守り、よく耐えて、実を結ばせるのです。」

続きを読む
posted by 近 at 17:52 | Comment(0) | 2016年のメッセージ