最近の記事

2016.3.13「父に忘れられたイエス」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
先週から、「クリックすると開閉する」という仕掛けをブログに取り入れました。
今までは、聖書箇所が長いとページもそれだけ長くなってしまい、見づらかったのですが、一気に問題解決。
一書説教だってこわくありません。 やるかどうかは別問題ですが。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』26章36-46節 

序.
 私たち人間にとって、忘れるということは日常茶飯事です。
子どもは学校の宿題を忘れます。大人は子どもとの約束を忘れます。老人は最近のことを忘れます。
そんな私たちにとって、イエス様が父なる神から忘れられることの恐怖はぴんとこないかもしれません。しかし想像してみてください。
自分の父母が認知症にかかり、自分のこともすっかり忘れてしまうことがあるかもしれません。
あるいは自分自身が、家族や友人との楽しい思い出も忘れてしまう時がくるかもしれません。
そのとき家族に与えるであろう悲しみは、容易に想像がつくでしょう。
 聖書には、イエスが十字架にかけられたとき、こう叫んだと書かれています。「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」。
じつのところ、神がイエスを「見捨てる」ということは、「イエスが神から完全に忘れ去られた」という意味に他なりません。
全知全能のお方であり、永遠に存在し続けるお方である父なる神には、「忘れる」ということはあり得ないことです。
しかしキリストは、十字架の上で、神に完全に忘れ去られたのです。
十字架をこのように考え直すことは、決して皆さんが持っている十字架のイメージを弱めるものではありません。続きを読む
posted by 近 at 17:19 | Comment(0) | 2016年のメッセージ