最近の記事

2016.3.20「絶望はすでに叫ばれた」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』27章27-56節 

序.
 「保育園落ちた日本死ね」という言葉が日本中を駆け巡っています。
「死ね」という言葉にはどうしても抵抗を感じますが、それだけ発言者の必死な思いが現れているとも言えましょう。
この言葉を受けて、「安心して子どもを産める社会をつくろう」という政府のスローガンも改めて繰り返されています。
しかし私はここで、あるクリスチャン作家の残した、「信仰は安心して絶望できる世界」という言葉を思い出しました。
その作家とは、今はなき三浦綾子氏です。
彼女の生涯は、病気で何度も寝たきりになり、良くなったかと思えばまた悪化するという繰り返しでした。
しかし彼女が以前にこう言ったことがあるそうです。
「私が絶望して、もうここまで落ちたと思ったときに、その下にはすでにキリストの絶望が見える。
どこまで落ちても、すでにキリストの絶望が先回りしている」。
それが「信仰は安心して絶望できる世界」ということなのです。私たちのすべてがその言葉に納得できるというわけではないでしょう。
しかし私たちが絶望を感じるとき、神にのろわれた者となったイエスがすでにもっと深みで絶望している、それが十字架であります。
だからこそ私たちにとって、絶望は希望です。
そしてキリストが十字架の上で絶望の叫びを挙げられたからこそ、私たちは希望をもって「落ちていく」ことができるとさえ言えるのです。続きを読む
posted by 近 at 18:19 | Comment(0) | 2016年のメッセージ