最近の記事

2016.3.27「墓に向かえば」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
風邪をこじらせてしまいました。皆さんもお気をつけください。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』28章1-10節 

序.
 この地元にある、豊栄図書館と葛塚中学校は、世界的にも有名な建築家・安藤忠雄の設計です。
図書館も中学校もまん丸い形をしており、とくに中学校は遠くから見ると着陸したUFOのようです。
安藤忠雄はまるい形が好きなのかなあと思いましたが、彼が30年前に設計したという、大阪の教会はむしろ逆で、完全な四角形です。
なんでもその教会の役員が安藤の友人で、予算的にも相当無理をいって彼に設計したもらったそうですが、
その会堂の完成模型を見せられた牧師は、おもわずがっかりしたと言います。
まるで棺桶のような直方体の箱に、ただ斜めに仕切りが刺さっているだけのものだったからです。入口も小さく、ぬくもりも感じられない、と。
しかし実際に教会堂が完成し、そこに入ったときに、牧師はじめ教会員は息をのみました。
というのは、そのわずか30坪の箱の中に、光と闇の対比が限界まで詰め込まれているということが素人にもわかったからです。
入口が小さいのは、外から光が入ってくるのを防いで闇を強調するためだった。
そしてその闇を、正面の十字架形の窓からこぼれてくる光が切り裂いていく。
この教会は、「光の教会」と名付けられ、安藤忠雄の代表作の一つに数えられています。

光の教会2015_05_27.jpg続きを読む
posted by 近 at 15:49 | Comment(0) | 2016年のメッセージ