最近の記事

2016.5.29「必要なのはヒト」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日は「ライフラインDAY礼拝」でした。
福音放送番組「ライフ・ライン」の働きをおぼえるために、新潟県内に30以上ある支援教会で始めた、特別礼拝日です。
今回は、私も準備が間に合わず、説教の最後にとってつけたようなアピールになってしまい、反省しています。
週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』11章19-30節 


序.
 先々週のことでしたが、この近所をキリスト教の街宣車がまわっていました。
「イエス・キリスト」「十字架」という言葉が聞こえましたので、決して異端のグループではありません。
しかし遠くから聞こえるその街宣車のメッセージ、というか、つぶやきと言ってもよいのですが、それを聞きながら、こう思いました。
「彼らのしていることは尊敬に値するが、これを聞いたこの町々の人々が、これで福音に興味を持ってくださるのは難しいだろう」と。
厳しいようですが、なぜならその伝道は、人々の生活、過ごしている時間に関わりなく、強引にねじ込んでくるものだからです。
そのキリスト教の街宣車のあとに、民進党や共産党の選挙カーも来て、やはり彼らも一生懸命叫んでいましたが、よく似ています。

 確かに彼らは伝えたいモノを持っています。しかしその伝えたいモノが、人々に受け取られるために、どうしてもあいだに必要なものがあります。
それは「ヒト」です。生身の「ヒト」です。
いきなりやってきて、勝手に人々の生活に上がり込んでいく、その場限りの人間関係ではありません。
自分の弱さや欠点を含めながら、十字架の救いとは何か、キリストにある喜びは何か、時間をかけながら伝えていく、否、伝わっていくのです。続きを読む
posted by 近 at 15:37 | Comment(0) | 2016年のメッセージ