最近の記事

2016.7.3「『さて』で始まる主の計画」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今回の説教の導入で、「『さて』という言葉が、出来事が切れ目なく続いていくことを示す」例話として、「南京玉すだれ」を紹介しました。
「あ、さて、あ、さて、あ、さて、さて、さて、さて」と実演したのですが、家人からは「かんでるうえにすべってるよ」と言われました。ぐぬぬ怒り(ムカッ)
そう言えば、かの国民的アニメ『ドラゴンボール』でも、ナレーターの八奈見乗児さんが「あ、さて」で前回のあらすじを始めていましたね。
これも、物語が切れ目なく続いていくことを示すものなのでしょうか。
ちなみに『ボトムズ』次回予告での、銀河万丈さんのナレーションも、独特の言い回しが説教者には参考になります。
世代の違う人にはまったく興味のない話になってしまい、すみません。週報はこちらです。

聖書箇所 『出エジプト記』1章1節-2章10節 


序.
 かつて市役所の老人福祉課に勤めていた頃、新潟市内に何カ所かある老人憩いの家を巡回する仕事をしたことがありました。
ある憩いの家に行ったとき、たまたま大道芸人がそこを訪れており、私もその方の芸を眺めていました。
妙に耳に残るフレーズでして、「あ、さて、あ、さて、あ、さてさてさて、さては南京玉すだれ、・・・・」、そこからはおぼえておりませんが。
今日の聖書箇所で「さて、ヤコブといっしょに、・・・」という書き出しが目に入ったとき、あのときの「あ、さて」のフレーズを思い出しました。
どうでもいいことのように思われるかもしれませんが、玉すだれと出エジプト記がそれぞれ「さて」で始まるのには、じつは大きな意味があります。
「さて」という言葉は、今では日常会話でほとんど使うことがありませんが、本来は話を切れ目なく続けていくためのものなのだそうです。
そして例の南京玉すだれも、すだれを動かして竿にしたり、そこから旗だとか、橋だとか、さまざまなものに切れ目なく形を変えていく芸なので、
芸人の口上として「さて、さて、さて」と言うのがきまりのようです。
 この出エジプト記の最初に出てくる「さて」という言葉も、それとまったく同じです。
出エジプト記という書物がこれから新しく始まるのではない。
むしろこれから語られることは、今まで創世記を通して示されてきたことがこれからも続いていくということを、「さて」という言葉で表しています。
言い換えるならば、創世記で語られてきた預言や意味不明の出来事が、この出エジプト記において次々と明らかになっていくのです。
アブラハム、ヤコブ、イサク、ヨセフに与えられた経験やみことばが、この出エジプト記のできごとを通して、次々と現実のものになっていきます。
 ここで、私たちは創世記の中で、イスラエル人の先祖アブラハムに神が約束されたことばを開きたいと思います。
創世記15章13節から14節までをお読みします。「そこで、アブラムに仰せがあった。「あなたはこの事をよく知っていなさい。
あなたの子孫は、自分たちのものでない国で寄留者となり、彼らは奴隷とされ、四百年の間、苦しめられよう。
しかし、彼らの仕えるその国民を、わたしがさばき、その後、彼らは多くの財産を持って、そこから出て来るようになる
」。続きを読む
posted by 近 at 08:00 | Comment(0) | 2016年のメッセージ