最近の記事

2016.7.24「あの逃げ水へ進め」

こんにちは。あなたの心にキリストGO。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
先週、当教会のI兄が、韓国で行われた聖会に参加してきました。韓国みやげとして愛餐会で配られたのが「高麗人参ゼリー」。
私の向かいに座っていたK兄がうまいうまいと言ってむしゃむしゃ食べていたので、私も勇気を出して口に入れました。
封を開けた瞬間から漂う独特の香り・・・口に入れれば言わずもがな。これを美味と賞賛したK兄を心から尊敬しました。
舌よりもむしろ胃そのものに訴えかけてくる味覚の洪水の中で、頭に思い浮かんできたメロディが「この道はいつか来た道」(北原白秋)。
ああ そうだよ。かの北海道名物、ジンギスカンキャラメルを思い出しました。
「激烈な味のゆえに、たいていのいやなことは忘れられます」というあのキャッチコピーが、この高麗人参ゼリーにもきっと書いてあるのでしょう。
ハングルなので読めませんが。
とりあえず、教会にお土産を買ってきてくれたI兄の心遣いに感謝。そのうち、礼拝で証しをしていただきましょう。
週報はこちらです。

聖書箇所 『出エジプト記』14章1-31節 


序.
 聖書になじみがない方であっても、今日の物語だけは知っている、ということがあるのではないでしょうか。
ここにはイスラエルとエジプトとの間の、手に汗握る攻防のシーンが十分に描かれております。
総勢200万人のイスラエルの民が、男も女も、老いも若きも、人も家畜も、行列を組み、自由の身分となってエジプトを出発しました。
しかし一度はイスラエルを出て行かせたエジプト王パロは、やはり心を翻して、エジプトの精鋭を引き連れて彼らを連れ戻そうと追いかけます。
前は紅海、後ろはエジプト軍、追い詰められた絶体絶命のイスラエル二百万人。
しかしモーセが杖を高く掲げると、なんと紅海が割れて、乾いた海底の道をイスラエルは歩んでいく。
エジプト軍もそれを追いかけるが、神が彼らを混乱させ、追いつくことができない。
やがてエジプト軍は気づく。我々がイスラエルを攻めているのではなく、我々はイスラエルの神、主から攻められている側なのだ、と。
しかし逃げることもままならないなか、モーセが手を差し伸べると、海の壁が崩れ、水がエジプト軍を襲い、彼らは全滅してしまったのです。

 まず、多くの人が思うのは、紅海の水がせき止められて道ができるなど、あるわけがない、これは神話にすぎないということでしょう。
実際に、歴史家たちはこう言います。もし本当にこんな出来事が起きたのなら、エジプトの資料に残っているはずだ、と。
しかし、誇り高いエジプト人が、世界最強の軍隊が丸腰の、しかも半数が女子どもの民族に負けたなど、歴史書に書くはずもありません。
むしろ現代の地質学が明らかにしたのは、この紅海は、地震の原因である地球のプレートの境目にあたるところだということでした。
つまり地球の裂け目だというのです。事実、4年前の2012年、紅海で海底火山が爆発して新しい島が生まれています
もちろん海底火山の爆発が水をせきとめたのだとか言いたいのではありません。
しかしこの自然をすべて作られた神は、私たちの想像を超えたことをおできになるお方です。
科学はそれに追いつくどころか、無限大の神に対して人間の知恵は愚かで矮小なことを痛感するのみです。続きを読む
posted by 近 at 09:24 | Comment(0) | 2016年のメッセージ