最近の記事

2016.8.14「あのモーセという者」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
クリスチャン用語、というわけではありませんが、8月15日を「敗戦記念日」と言い換えることがあります。
私も以前はそう呼んでいたのですが、では「戦勝」だったらよかったのか、と言われ(そんな意図はまったくないのですが)、
この言葉だけが一人歩きして誤解を与えることがあると気づき、今では普通に「終戦記念日」と呼んでいます。
しかしクリスチャンにとって、8月15日は教会自身が戦争協力を推し進めた罪への悔い改めを祈念する日でなければなりません。
「終戦記念日」もまた、そのニュアンスを伝えるのには不十分なんですよね。ほかによい表現がないかと探しているところです。
もし何かアイディアがあればコメント欄へお願いします。週報はこちらです。

聖書箇所 『出エジプト記』32章1-35節 


序.
 1節、「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。
私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから」。
私は、この民の言葉から、どうしても思い出してしまう、イヤな経験があります。
私の入学した中学校は、時代の影響もあったのでしょうが、決して雰囲気の良い学校ではありませんでした。
中学一年生の秋くらいのことと記憶していますが、私が教室の入口付近の掃除をしていたときのことです。
女子のクラスメイトから「近って人、そこどいて」と言われました。
入学してもう何ヶ月も経っているのに、クラスメイトから「近って人」と言われたことは、私にとってたいへんなショックなことでした。
 私の通っていた中学校は、同じ町にある四つの小学校から入学してきます。
後から知りましたが、最も大きい小学校出身の人たちは、他の小学校出身者をバカにしていて、私たちはいじめの対象にされていたのです。
しかしその後でもっとショックを受けたのは、その標的から外れるために、同じ学校出身の人たちがお互いに無視したり、いじめに加わる姿でした。
中学校に入るまでは親しくあだ名で呼び合っていたかつてのクラスメイトから、「近って言う人」と呼ばれるようなこともありました。
それでも二年生に上がると、さすがにどの小学校の出身かはどうでもよくなり、私もいじめられなくなりました。
しかしそのとき人間不信になりかけた苦い傷跡は、三十年経っても、まだしっかり残っていたようです。
指導者モーセをまるでよそ者のように「あのモーセという者」と呼ぶ民の言葉は、私にとって、言葉以上の痛みを与えるものでした。続きを読む
posted by 近 at 08:33 | Comment(0) | 2016年のメッセージ