最近の記事

2016.8.21「渡されたバトン」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
さて、今年度から、礼拝説教は教会学校で使っている教案誌「成長」の聖書箇所に合わせています。
ただ「成長」で扱っている聖書箇所が常に伝道的な内容であるわけではありません。
しかもそんなときにかぎって、ミッションスクールの生徒さんたちが夏休みの宿題で10人以上大挙してやって来ました。
いつもなら喜ぶところなのですが、求道者向けの説教ではなかったため、講壇に立つ瞬間まで頭真っ白でした。
そんなわけで、この日の説教はほぼアドリブで、オリンピックの話から自分が高校生の頃の話と、まとまりのないものになってしまいました。
今回の説教録画は、もともと用意していた説教原稿に基づいて、第一礼拝(朝8:00からの少人数礼拝)で語ったものです。
本来、教会員の方々に聞いてほしかった説教でした。週報はこちらです。

聖書箇所 『申命記』34章1-12節、『ヨシュア記』1章1-9節 


1.
 さて、7月の最初の日曜日から始まり、私たちは、教会学校ならびにこの礼拝で、モーセの生涯を学んでまいりました。
今日の説教はその締めくくりになります。
イスラエルを導く役目がモーセからヨシュアへとバトンタッチされる姿を通して、私たちが信仰を継承していく姿を学びたいと願います。
まず、申命記の最後のところを見てみましょう。神はモーセの120年の生涯の終わりにあたり、山へ登らせました。
そしてその頂に立ったモーセの目に、神は眼下四方に広がるカナンの光景を見せられます。そしてこうモーセに語られました。
4節、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに、あなたの子孫に与えようと言って誓った地はこれである。
わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたはそこへ渡っていくことはできない」。
なぜ渡っていくことができないのでしょうか。モーセが120歳でよぼよぼのおじいさんになっていたからでしょうか。
いいえ、彼の目はかすまず、気力も衰えていなかった、とあります。
モーセがカナンに入っていけないのは、彼が一度犯してしまった罪のゆえでした。
メリバというところで、民がのどが乾いて死にそうだと騒いだとき、神はモーセに、岩に命じて水を出しなさいと言いました。
ところがそのときモーセは、神の言葉に真っ直ぐに従わない罪を犯してしまったのです。
岩を二度、三度、杖で叩いて、しかも民に向かって「あなたがたのために私たちが水を出さなければならないとは」と言ってしまいました。
それは、モーセがまるで自分の力で水を出したかのように振る舞う罪でした。
また二度、三度岩を叩いたことも、神はモーセがご自身のみことばを信じていない証拠としてみなされました。
そしてそのさばきとして、あなたは約束の地を見るが、そこに入ることができないと、そのときに宣告しておられたのです。
今モーセは約束の地を前にして、その言葉をかみしめていたことでしょう。
しかしカナンは約束の地ではありますが、決して天国そのものではありません。
確かにモーセは自らの罪によりそこに入ることはできませんでしたが、永遠のいのちは手に入れていたのです。
だから彼は神の前に騒ぎ立てることもなく、安らかに瞳を閉じました。神は静かに、彼の波乱に満ちた生涯を静かに終わらせてくださいました。
彼は、決してただ働きのむなしい人生ではありません。
約束の地に入ることはできませんでしたが、信仰による救いという約束のものは確かに手に入れた生涯でした。続きを読む
posted by 近 at 21:10 | Comment(0) | 2016年のメッセージ