最近の記事

2016.10.2「主よ、お話しください」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『サムエル記 第一』3章1-21節 


序.
 今から15年前、神学校最後の夏休みのことですが、鳥取聖書教会というところで、約一ヶ月、住み込みで教会のお手伝いをしました。
この教会は、今もそうですが、中井堯(たかし)先生という方が、郷里伝道を志して、開拓を始められたところです。
じつは中井先生は、私が洗礼を受けた、山の下福音教会で牧師をされていたことがありました。
私が山の下に通っていたころの牧師は長谷部先生という方ですが、
あるとき私に向かって「私ではなく中井先生が牧師だったら、あなたのよい所をもっと伸ばせただろうに」と意味深な発言がありまして、
神学校卒業前にぜひ先生のところで牧会を学びたいというお願いをして、下川先生の後押しもあって、承諾をいただきました。
約一ヶ月の間、教会堂で寝泊まりして、教会の事務のお手伝いをしたり、信徒宅を訪問したり、子どもと遊んだり、たまにトラクトを配ったり。
中井先生は日曜日以外のほとんどの日、朝早くからアルバイトをされていて、開拓教会の大変さも教わりました。
想像していたような厳しい先生ではなく、笑うと目がなくなるような優しい先生でしたが、説教はとても厳しく、また妥協のないものでした。
鳥取教会の週報に書かれていたみことばが、先生の牧会スタイルを象徴しているようでした。
「獅子が吠える。誰が恐れずにいられよう。神である主が語られる。だれが預言せずにいられよう」。
一ヶ月間のインターン生活を支えていたのは、毎日、短いながらも、先生が解き明かしてくださる、みことばの分かちあいの時間だったと思います。続きを読む
posted by 近 at 21:57 | Comment(0) | 2016年のメッセージ