最近の記事

2016.10.16「あの山を与えたまえと45年」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今週は、月曜日から教団の伝道懇談会および松原湖研修会があり、更新が遅くなりすみません。
伝道懇談会では、教会ホームページ作成講座の分科会もありました。
私は別の分科会に参加しましたが、なんでも「ホームページは、左上から重要なことを並べる」のだそうです。
あまり考えないで作っていましたが、参考になれば。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨシュア記』14章6-15節 


1.
 おはようございます。先週は、45周年記念式典、お疲れ様でした。
お疲れ様という言葉は、週の初めの朝からふさわしくないかもしれません。
しかし教会が45年歩んできた感謝を、みなさんと一緒にお祝いすることができたのは、何にもまさる恵みでした。
 今回、下川先生ご夫妻が新潟と柏崎を中心に六日間滞在されました。
私はあるときは運転手をしたり、またあるときは集会の聴衆のひとりだったりと、ほぼ毎日、ご一緒させていただきました。
その中で、至る所でご夫妻が、豊栄の教会員はすばらしいと、たいへんほめておられたことをご報告しておきます。
社交辞令を真に受けちゃいけないと、誰かに言われてしまうかもしれませんが、先生はこう仰っていました。
教会員みなが、自分から教会に仕えて、終わっても帰ろうとしない。これは、当たり前のようだが、決してそうではないのだ、と。
さらに、とくにあのふたり、後ろに座っていた、えっと、ハナさんとヨミさんがすばらしい、と特別に名前を挙げておられました。
自分の年ももう人のことを言えないが、ああいうお年を召した方が、二人仲良く座って、みことばを聞いたり、子どもたちの姿を優しく眺めている。
あれも得がたいよ、近先生は幸せだよ、と。
 で、最後に下川先生らしく、こうおっしゃいました。
もう豊栄教会は、近先生たちがいてもいなくてもできあがってしまっているから、そろそろ次の場所を祈ったらどうか。
たとえばクナシリ島とか、エトロフ島とか。本当はヒダカと言いたかったかどうかはわかりませんが、
私は、「子どもたちがたくさんいて、うらやましいね」と言われるよりも、「お年寄りがたくさんいて、うらやましいね」と言われるほうがうれしいのです。
世の中の人々は逆ですね。ショウシコウレイカという言葉に、呪文のように縛られてしまっています。
子どもがいれば将来性があって、高齢者ばかりだと未来がないとか言います。
しかし、お年寄りがくつろげる教会は、子どもたちも楽しめる教会ではないかと思います。
教会は、小さな者も、年老いた者も、信者も、求道者も、あらゆる人がそのままで受け入れられるところです。
50年記念会を行うときには、この教会はどんな教会になっているでしょうか。神さまに期待して、励ましあって行きましょう。続きを読む
posted by 近 at 10:33 | Comment(0) | 2016年のメッセージ