最近の記事

2016.10.23「神は時間を気にしない」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
毎週、礼拝説教をこつこつアップロードし、いつ炎上するんじゃないかと冷や汗をかきながら、はや記事数も次回で300を数えます。
約5年のあいだに頂いたコメントは9!しかも半分が自分の返信。とほほ。打ち切り寸前の漫画家さんの気持ちです。
彼ははじめから書きません。
ソロソロやめようかと思っていた矢先、なんと関西のK市の読者さんから心のこもった贈り物を頂きました。
ありがとうございます。そんなあなたに送るみことばです。「遠い国からの良い消息は、疲れた人への冷たい水のようだ。」(箴言25:25)。
むしろ自分向けのみことばでした。気を取り直して、もう少し続けます。コメント、もっと入れてください。
週報はこちらです。

聖書箇所 『イザヤ書』46章3-4,12-13節 


序.
 おそらく名前を知らない人はいないであろう、日野原重明先生のお誕生日は、ちょうど今月、10月4日だそうです。
しかしほとんどの人々は、先生のお誕生日そのものより、で、今年いくつになったの、というほうに興味があるでしょう。
今年で満105歳だそうです。
日野原先生は、お父さまが牧師という家庭環境に生まれました。7歳でキリスト教のバプテスマを受けておられます。
3年前に93歳で亡くなられた奥様との出会いは、教会学校の先生をしていた姉妹を、その教会の役員に紹介されて、だそうで、
その生涯をクリスチャンとして堅実に歩んでこられました。
しかし60歳を前にして、あの有名な「よど号ハイジャック事件」に巻き込まれたとき、こう思ったそうです。
これまで信仰は持っていたけれども、内実は医師としての名声を追い求めてきた人生であった、
これからの人生は、神のために、人のために生きよう、と。それからの生き様は、私たちがテレビなどで知っているとおりです。続きを読む
posted by 近 at 12:27 | Comment(4) | 2016年のメッセージ