最近の記事

2016.10.30「約束の虹」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』9章12-17節 


序.
 個人的な発表で恐縮ですが、先日、私は45歳の誕生日を迎えました。
いや、講壇からプレゼントをおねだりしているわけではありません。
先日、教会の45周年をお祝いしたのを思い出して、ちょうど自分が生まれた頃に、教会はここにできたのだなあと感慨を深めたのです。
教会の45周年記念会では、たくさんの方が来てくださいました。だからもし最初に挨拶をする場があれば、
「今日は私の誕生会にお集まりいただいてありがとうございます」と言って笑わせようと思っていたのですが、
あいにく出番は最後のお祈りだけでした。
 45年前、正確には、46年と7ヶ月前ですが、この教会の献堂式が行われました。
しかしすぐに専任牧師を招いて教会として始めることはかなわず、恵み園という幼稚園として始められたそうです。
当初から、幼稚園ではなく教会としていくべきだ、と豊栄伝道を支援してきた他の教会から大きなプレッシャーを受けていたようです。
恵み園は二年で閉園となり、初代牧師を迎えて教会として歩み始めました。
しかしそれで教会を出て行った方もおられ、産みの苦しみは並大抵のことではありませんでした。
 しかし、私たちの目の前には、いつも虹があります。
たとえ母の胎を傷つけながら生まれてきた子どもであろうとも、わたしは決してあなたを捨てないという神の約束が、私たちには与えられています。
確かに教会は救われた罪人の集まりであるがゆえに、ぶつかることもあります。
事実、45年以上の教会の歴史の中で、教会を去って行かれた方も多くおられます。
祈祷会で、それらの方々の信仰回復のために祈っておりますが、しかし私たちには、永遠の虹の約束が与えられています。
私たちは、ただの罪人の集まりではありません。同時に、イエス・キリストを信じる信仰によって、聖なる者とされた者たちの集まりです。
だからこそ、決して失望することなく、たがいに赦し合って、天の約束を見上げていきましょう。続きを読む
posted by 近 at 21:11 | Comment(0) | 2016年のメッセージ