最近の記事

2016.11.6「ただ信じ続けなさい」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『マルコの福音書』5章21-24、35-43節 


1.
 22節、「すると、会堂管理者のひとりでヤイロという者が来て、イエスを見て、その足もとにひれ伏し、いっしょうけんめい願ってこう言った。
「私の小さい娘が死にかけています。どうか、おいでくださって、娘の上に御手を置いてやってください。娘が直って、助かるようにしてください。」
ヤイロは会堂管理者でした。会堂管理者とは何でしょうか。
読んで字のごとく、ユダヤ教の会堂、通称シナゴーグの管理を任せられていた人です。
会堂の管理を任せられていた、というと、何か寺男のような、戸締まりや掃除をしたりする人を連想するかもしれません。
しかしユダヤ人の社会においては、会堂は単に礼拝をするところではなく、社会生活の中心そのものです。
日本では、檀家という言葉がありますが、あれはもともと江戸時代、人々が村から勝手に出て行かないように、幕府が始めたものだそうです。
同じように、ユダヤ人の会堂もまた、宗教的・政治的・社会的にユダヤ人たちをまとめるためのものでした。
会堂管理者とは、その意味で大きな権威を持っていた人であったと言えます。
 しかしすでにこのとき、エルサレムの宗教指導者たちは、イエス・キリストとその弟子たちを敵とみなしていました。
イエスに協力する者は、だれであっても会堂から追放せよという命令書が、国中の会堂管理者のところにも回っていたことでしょう。
ヤイロは、会堂管理者として、中央の方針に従い、イエス・キリストと距離を置かなければなりませんでした。
しかしヤイロの心は揺れていました。たった今、自分の娘が死にかけている。
そして人々が救い主と噂している、イエス・キリストだけが、娘をこの病からいやすことができるのではないだろうか。
会堂管理者という立場で、イエスに敵対するか、それとも病気の娘の父親という立場で、イエスの前にひれ伏してお願いするか。
彼は悩んだに違いありません。そして悩んだ末、後のほうを選びました。
聖書は、彼の葛藤には一切触れず、彼が決断した行動だけを語っています。それが、この22節です。
「会堂管理者ヤイロは、イエスの足もとにひれ伏し、いっしょうけんめい願ってこう言った。
「私の小さい娘が死にかけています。どうか、おいでくださって、娘の上に御手を置いてやってください」と。続きを読む
posted by 近 at 17:21 | Comment(1) | 2016年のメッセージ