最近の記事

2016.11.13「嵐の中で見失ったもの」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章22-25節 


序.
 免許と名がつくものは、運転免許でも、調理師免許でも、学科と実技の二種類をこなさなければなりません。
どんなに学科試験がよくても、実技が未熟であれば免許はもらえません。信仰も同じです。
私たちは、恵みによって、信仰をいただいて救われます。しかし救いに至る信仰は、実際の試練を通して試されなければなりません。
神は、試練を通して、私たちが頭でっかちの信仰者で終わらないように、訓練されるのです。
誤解してはなりませんが、それは救いの免許を失わせるためではなく、むしろ救いに至る信仰を強めるためのものです。
昨日までは何もなかった、私たちの平和な生活に今日、突然起こった苦しみ。
そして二千年前、岸を離れる時には落ち着いていたガリラヤ湖に突然起こった大嵐。
それは、同じく神さまが愛する者たちに与えたもうた試練でした。その試練の中であなたは何と叫ぶのでしょうか。
「主よ、助けてください」とイエスさまにしがみつくのか、それとも「私が滅んでも何とも思わないのですか」と恨み節を垂れ流すのか。
 それまでの弟子たちは、自分たちは他の人々とは違う、イエス様の直弟子なのだ、という誇りを持っていました。
しかしそんな形だけの信仰は、いわばタンスの中のゴールド免許みたいなものです。実際には運転しないから、事故も起こさない。
試練を経験していないから、いざとなると信仰をいかに働かせたらよいかわからず、パニックに陥る。
彼らが嵐の中で見失ったものが何か、それは三つありました。
ひとつ、彼らはイエス様のみことばの約束を見失いました。
ふたつ、彼らはイエス様がいっしょに舟に乗っているという事実を見失いました。
そしてみっつ、彼らは嵐の中でさえ眠っておられる、主が与えてくださる平安を見失いました。
私たちが彼らの失敗を学び、自分自身への戒めとするために、この三つを順に見ていきましょう。続きを読む
posted by 近 at 17:47 | Comment(1) | 2016年のメッセージ