最近の記事

2016.12.4「まことの光を求めて」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』1章6-13節 

序.
 小学生の頃、図書館に入るとまず最初に向かったのが、「まんがひみつシリーズ」という本が並んでいる棚でした。
「宇宙のひみつ」、「人体のひみつ」、「恐竜のひみつ」などが、まんがでわかりやすく説明されていて、
シリーズ物なのですが、競争が激しくて全部を読んだ人はなかなかいない、という、人気のある本だったと記憶しています。
その中で、ひとつだけ、今でもはっきりと覚えている話があります。それは「昆虫のひみつ」という本にあった、蛾の物語でした。
まんがですから蛾のキャラクターも擬人化されていて、ほっぺに傷のあるおっさんの顔です。
で、こんな感じで登場するわけです。「おうおう、おれたち蛾っつうのはな、まっくらな裏通りしか歩けねえんだよ。光になんて近づけますかい」。
そう言いながら、暗やみに向かって飛んでいこうとするのですが、なぜか自分の意思に関わりなく光のほうへ向かってしまう。
すると必死で抵抗する蛾のおっさんに、若い女性に描かれたメスの蛾が二、三匹飛んできて、こう話しかける。
「私たち蛾は、光を感じるとどうしても近づくようにできているの。あら、明るいところでみると意外といい男ね」
すると蛾のおっさんも「いやー、明るい方もまんざら悪くないねえ」と。
さすが昭和、いい時代ですね。こんなまんがが、全国PTA協議会推薦と書かれた本の中に、平気で載っておりました。

こちらは2006年に出た最新版。昭和のバージョンはこんなさわやかな感じではなかったです続きを読む
posted by 近 at 22:12 | Comment(0) | 2016年のメッセージ