最近の記事

2016.12.25「あなたは招かれている」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
昨日は多くの教会でクリスマス礼拝や祝会が行われたのではないかと思います。
例年ですと、クリスマス集会の後、年内にもう一度日曜日があって、一年の感謝などをささげるのですが、今年の日曜日は昨日で最後。
来週は元旦となり、何か物足りないような気がします。
今年一年を振り返ってみると、この場では書けないのですが、私にとって大きな出来事がありました。
ある説教で「牧者として留まるために、常に私は自分のやりたいことではなく、二番目の道を選んできた」という証しがありました。
私にとって、二番目の道は何か、いま神様に問うているところです。毎日少しずつ、おぼろげに示されてはいるのですが。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』2章8-20節 

1.
 タレントの武田鉄矢さんが子どもの頃、お母さんにこう質問したそうです。よそのうちはクリスマスにお祝いするけれどなんでうちはやらないの?
するとお母さんはこう答えました。「うちは浄土真宗だからサンタさんは来られましぇん」。
有名なエピソードですが、実際同じような経験をした方はたくさんおられるようです。
その中のひとりが、どうしてもプレゼントがほしい、教会だったらサンタさんが来るんじゃないか、と思い立ち、クリスマス礼拝に潜り込みました。
どうにも居心地の悪さを感じながら、牧師の説教を最後まで聞きました。
ところが牧師の話では、サンタがプレゼントをくれるどころか、人々はクリスマスをサンタの誕生日だと思っていますが、なんて言い出す始末。
しかしイエス・キリストがユダヤのベツレヘムでお生まれになりました、ということだけは耳に入ってきました。
それまでエスさんはアメリカ人だと親から聞いていたので、ちょっと得をした気分になった、と。
その方もクリスチャンとなられましたが、たとえそんな動機であっても、神様はあらゆる機会を用いて、私たちを招いておられるお方です。

 クリスマスに、まず私たちが聖書から教えられることは、神様は招いておられるお方であるということです。
豊栄教会の外に立っているアルミの掲示板には、フレームのところに小さく、次のみことばが印刷されています。
「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのところに来なさい。わたしがあなたを休ませてあげます。」
あれは私が十数年前に赴任してすぐに作っていただいたものですが、もう少しデザインを煮詰めるべきでした。
みことばがちっちゃすぎて、相当近づかないと気がつきません。
だけどもしクリスチャンが、聖書のことばのなかでひとつだけ誰かに伝えるならば、必ずベストテンに入るものでしょう。
イエスさまは、つまりあなたを愛しておられる神様は、こう呼びかけておられます。
「あなた、疲れていますね。重いもの、背負ってますね。わたしのところにおいでなさい。わたしが代わりに背負ってあげましょう」。
疲れていない人はいません。重荷を背負っていない人はいません。だれ一人として、イエス様の助けを必要としていない人などいません。
神は私たちを、あらゆる手段を通して招いてくださっています。続きを読む
posted by 近 at 17:49 | Comment(0) | 2016年のメッセージ