最近の記事

2017.2.12「バアルか、キリストか」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『列王記 第一』18章15-40節 

序.
 今から90年前の1927年、中近東にあるシリヤのラス・シャムラという町で、古い粘土板が発見されました。
考古学者が何年もかけて調査したところ、これはモーセと同じ頃かそれよりも古い時代にまで遡るものだとわかりました。
しかし人々が驚いたのはそこからです。
その粘土板からは、聖書に繰り返して登場する異教の神バアルが他の神々と戦う物語が解読されたからです。
 バアルはそれまで旧約聖書以外の資料がほとんど残っておらず、その実態についてはほとんどわかっておりませんでした。
しかしこのラス・シャムラ文書の発見によって、断片的だったバアル神話の全体像が明らかになったのです。
バアルは豊かな収穫を約束する神でした。しかしその収穫は、バアルが牛の姿をとって自分の妹である別の神を犯すことから始まります。
バアル神話は、男女の性行為を通して収穫が約束されるという禍々しい営みで満ちておりました。
神が自分の妹を犯すという近親相姦、また神が獣に姿を変えて人間と交わるという獣姦。
旧約聖書には、バアルを信じる者たちが高い丘の上や青々とした木々の下で口にするのも憚られるような淫らな行ないにふけったこと、
またバアル神殿では巫女による売春や、同性同士の性交が営まれていたことが記されています。
それがバアル礼拝であり、神がカナン人を絶滅させてでも決して取り入れてはならないと厳しく命じられたことでした。
預言者エリヤが自分の命をかけて戦ったのは、いま国中にはびこっている、この偶像バアルとその教えに対してであったのです。続きを読む
posted by 近 at 17:10 | Comment(0) | 2017年のメッセージ