最近の記事

2017.2.19「幼子のように」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『列王記 第二』5章1-19節 

1.
 どんな人間にも欠点、いや弱点があるものです。
ビジネス街を颯爽と歩くキャリアウーマン。しかし彼女には仕事のために家族を犠牲にしているという負い目がありました。
その負い目を封印するかのように、さらに仕事に没頭すればするほど、家族と過ごす時間は消えていきました。
今日登場するナアマンは、約2800年前の人です。
しかし現代人と同じように、何不自由なく手に入れた中でも彼の心をいつも沈ませているものを抱えていました。それがツァラアトでした。
ツァラアトは、以前の聖書の訳では重い皮膚病と訳されていました。
しかし実際には、ツァラアトは皮膚の下にこそ病の根源があります。どれだけ皮膚をかきむしり、取り除こうとしてもツァラアトには届きません。
それはやがて全身に広がり、筋肉から皮膚を腐敗させ、ついには手足の形をも歪めていきます。
ナアマンは有能な将軍でした。ただ戦に長けていただけではありません。
イスラエルにとって隣の敵国であるアラムの王があえて手紙を書いて通行を求めるほどに、王からも信頼を得ていた側近でもありました。
力、富、名声、彼の人生に欠けたものは何一つないのに、ツァラアトの病は彼が人生を心から楽しむことを妨げ続けるのです。
 このツァラアトは、すべての人間の中に潜んでいる、罪を象徴しています。
どれほどすばらしい人生を送っているように見えても、罪はあらゆる人の中に潜んでおり、私たちが心から人生を楽しむことを妨げています。
人は、悪い行いとして現れてくるものを罪と呼び、自分はそれを抑えているから罪人ではないと言います。
しかし罪の本質は、外側に出て来る行いではなく、内側に隠れている心の深みにこそあります。
ツァラアトの本質が皮膚の下に潜んでいるように、罪の本質も外の行いではなく心の中に隠れているものを解決しなければなりません。
しかし、心の中にあるものをどうやって取り除くことができるでしょうか。それは、私たち人間の努力や心構えでは不可能です。
私たちの創造者である神ご自身が、見えない御手をもって私たちの心の深みに手を差し入れてくださらなければ、罪は解決されません。
将軍ナアマンが、ツァラアトから解放されていく道のりを学びましょう。
そこには、私たちがイエス・キリストを信じることによって罪から解放されていく道のりが語られているのですから。続きを読む
posted by 近 at 16:47 | Comment(0) | 2017年のメッセージ