最近の記事

2017.3.19「いま救ってください」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』12章12-19節 

1.
 イエスを先頭に向かう小さな群れは、エルサレムに近づくにつれ、大きな行列となっていきました。
それを見たある者は上着を道に敷き、ある者はしゅろの枝を手に取って、そしてすべての者が口をそろえてこう叫びました。
「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に」。
「ホサナ」とは、「いま、救ってください」という意味です。
群衆は、イエス・キリストを主とあがめ、ホサナの叫びは、地を揺るがす大合唱となりました。
その中には、一度死んだラザロがイエスによってよみがえった姿をはっきりと目撃した人たちがいました。
噂が噂を呼び、人々は今すぐにでもイエスがその不思議な力を使ってローマ帝国の支配から我々を解放してくださるのだと歓喜しました。
自分たちの立場を守ろうとしていたパリサイ人たちは、イエスを黙らせるためのすべての計画が一切失敗したことを認め、頭を抱えました。
そしてイエスのまわりの十二弟子たちは、おそらく裏切り者のユダを除き、みな誇らしげな表情を浮かべていたことでしょう。
しかしイエス・キリストご自身の心はどうだったのでしょうか。
 このエルサレム入城と呼ばれるできごとは、新約聖書に四つある、すべての福音書に記録されています。
しかしどの福音書も、このときイエス・キリストがろばの子の上でどんな表情をしていたのかは明らかにしておりません。
自身と誇りに満ちた表情を浮かべていたのか。優勝パレードのように群衆の叫びに笑顔で答えていたのか。
すべての福音書がイエスの表情に沈黙する中で、ルカの福音書だけは、イエスの表情ではなく感情についてこう記しています。
「エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて、言われた。
『おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている』」(ルカ20:41,42)と。
間違いなく、このときイエス・キリストの心には誇りや期待ではなく、悲しみ、そしてむなしさがありました。続きを読む
posted by 近 at 20:45 | Comment(0) | 2017年のメッセージ