最近の記事

2017.4.2「たとえピラトであっても」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
神学生の頃に通っていた教会の主任牧師であったキム先生は面白い方でした。
思いついたことはすぐに始めてしまう、韓国人の典型みたいな人でした。(悪口ではありませんよ)
ある週のこと。「今日は教会史から人物説教をします」と、アイルランドからヨーロッパ各地へ宣教した聖コルンバヌスについて語り始めました。
しかし40分過ぎてもコルンバヌス、なかなかアイルランドから出て行きません。
そろそろ会衆の集中力も限界に達したかと思われたその頃、「では、続きは来週」と、適用のかけらもないまま説教を閉じてしまいました。
私を含めて三人いた神学生はみな唖然。現在それぞれが同じ教団で牧会していますが、集まるたびにこの話が出てきます。
そして翌週、キム先生は何事もなかったかのように、講解説教に戻っていました。
あれから17年。「続きは来週」こそありませんが、長い聖書箇所を強引に区切って、説教が不鮮明になってしまうことはよくあります。
今回の説教も、人間的にはそんな反省しきりです。しかし神が欠けを満たしてくださることを信じて、次も語ります。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』18章28-40節 

1.
 「主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け」。
ご存じ、『使徒信条』の一節です。
私たちを含めて、多くの教会の、毎週の礼拝で唱えられている『使徒信条』。
その中で、イエスの母マリヤとともに名前をあげて唱和されているのが、一番弟子ペテロでも、使徒パウロでもなく。
よりによって、このポンテオ・ピラトであることは皮肉と言えるかもしれません。
使徒信条でポンテオ・ピラトという名前が唱えられるのは、イエス様の誕生、受難、そしてよみがえりが、
決してクリスチャンが作ったおとぎ話ではなく、人類の歴史の中で確かに起こった出来事であることを示すためだと言われています。
ポンテオ・ピラトは、紀元26年から36年までの10年間、ユダヤ総督として実際に赴任していたことがわかっています。
この聖書箇所、ピラトがイエス様に対面した時期は、その10年間のちょうど真ん中くらいではなかったかと推測されます。

 イエス様を処刑しようとする大祭司カヤパは、夜中に不正な裁判を開き、偽の証言を使ってイエス様を死罪にあたるとしました。
しかしローマの属州であったユダヤでは、たとえ犯罪人といえども、処刑するためにはローマ総督の承認が必要でした。
できるだけ早くローマの裁判を受けさせて処刑するため、彼らは夜が明けきらぬうちに総督ピラトのところへとイエス様を連行しました。
ところが外に出て来たピラトが、「あなたがたはこの人のために何を告発するのか」とユダヤ人に尋ねても、彼らは正面から答えようとしません。
「もしこの人が悪いことをしていなかったら、私たちはこの人をあなたに引き渡しはしなかったでしょう」。
ピラトはこの言葉を聞き、ピンと来たはずです。これはただの内輪もめではなく、裏に何かが隠れている、と。
ちょうどその時は、過越の祭りの直前でした。過越の祭りは決してただの宗教行事ではありません。
ユダヤ国内だけでなく、世界中に散らされたユダヤ人数十万人がエルサレムに集まってきます。
このとき、普段はカイザリヤというローマ風の町に常駐しているローマ総督は、エルサレムの総督府に滞在します。
そしてエルサレムに派遣されているローマ兵の数も一時的に増員されます。
過越の祭は、ユダヤ人は神に選ばれた民で、ローマに従うことなどあり得ないという民族的不満が一気に爆発しかねない一週間でもありました。
その過越の祭の直前に、訳ありの犯罪人がわざわざ明け方に連れてこられる。それはピラトにもことの重大さを意識させたに違いありません。続きを読む
posted by 近 at 14:42 | Comment(0) | 2017年のメッセージ