最近の記事

2017.5.7「創造の秩序」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今週、聖書考古学の講演会が県内の2教会(同盟・新津、伝福・高田)で行われます。
案内チラシを私が作成しましたので、ここに改めて案内させていただきます。最寄の方はどうぞご出席ください。

2017tcu1.jpg2017tcu2.jpg

私も当日、新津教会にて録音録画の奉仕に励みます。週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』1章1-31節 

序.
 宅配便で届く段ボール箱に「天地無用」というラベルが貼ってあることがあります。
「天地」、つまり箱の上下を逆にしてはいけないという意味ですが、「無用」とあるから「上下を気にしなくても良い」と誤解する方もいるそうです。
「初めに、神が天と地を創造した」。この単刀直入な切り出しは、まさに聖書という宝箱に貼ってある「天地無用」のラベルだと言えます。
先に天が造られ、次に地が造られました。この順番は決して逆にしてはなりません。
「天」と「地」の関係は、「神」と「私」という関係にあてはめることができます。
青春時代、こんな悩みを持つことがあるでしょう。「私がこの世界に生きる目的は何だろう」「何のために私は生きているのだろう」。
人生に問いを持つことはすばらしいことですが、「私が」「私は」から始まる問いは、いわば「地」を先に、上に、考えることです。
しかし私たちはむしろ「天」を上にしてこう問いかけてみるべきでしょう。
神が、この世界に私を生みだしてくださった目的は何だろう」「神は、何のために私を生かしているのだろう」。
それは、人生というドラマの主役を、私から神に移すことだと言えます。
もちろんはじめからこんな風に考えることのできる人はいません。人生に問いを持つにしても、「私が」「私は」というところから始めます。
しかし人生のどこかで「私が生まれた意味」から「神が私を造ってくださった意味」と考え方を変えるとき、見えてくるものがあります。
「私の人生の目的」という問いから「神が私の人生を通して表そうとしておられること」へと考え方を変えるとき、物事が新しい光を放ちます。続きを読む
posted by 近 at 11:31 | Comment(2) | 2017年のメッセージ