最近の記事

2017.5.21「罪はどこから始まった」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
私は自他共に認める事務用品おたくですが、最近手痛い失敗をいたしました。
ゆうちょ銀行から届く「振替受払通知証」をきれいに綴りたいと思い、近所のコメリで「振替伝票用」とあるバインダーを買ってきました。
はじめまして、コクヨのフ-DF30Nです!まるで新入社員のような透明感と清潔感。期待が高まります。

教会に戻り、さっそく一年分たまりにたまった、振替受払通知証の束に、同じコクヨ製の2穴パンチでどんどんどんどん穴を開けました。
ところが何ということでしょう(加藤みどり風に)。せっかく開けた穴がまるでずれており、フ君にまったく入りません。
どうやらパンチの穴間隔は8センチ、フ君のそれは6センチのようです。よく見たらフ君の背表紙にちゃんと「60mmピッチ」と書いてありました。
同じコクヨ製品なのに。パンチとバインダーの相性が最悪とは。しょうがない、6センチ間隔の2穴パンチでも捜してみっか。
ところが6センチ間隔の2穴パンチは日本のどこを捜しても売っていないということがわかりました。
JIS(日本工業規格)でパンチの穴間隔は8センチと決められているということです。
フ-DF30Nはやはりコクヨが出している、様々な伝票を専用に綴るためのものだそう。それならそうと書いておけば良いのに。
あ、「振替伝票用」と確かに書いてありますね。同じ「振替」だから伝票も通知票も同じようなものだと思っていました。
週報はこちらです。
自由にピッチを変えられるこんなパンチもありますが、なんと5000円。あとこんなに穴いりません。

聖書箇所 『創世記』3章1-24節 


1.
 今日の聖書箇所は、人間の中に罪が入ってきた出来事について語っています。それは蛇がエバに問いかけた言葉から始まりました。
リビングバイブルという、ややくだけた翻訳では、蛇の言葉をまるで再現ドラマのようにこう訳しています。
本当にそのとおりなんですかねえ?いえね、ほかでもない、園の果物はどれも食べちゃいけないって話ですよ。
なんでも神様は、これっぽっちも食べちゃいけないと言ったっていうじゃないですか
」。
神様がそんなケチなことを言うはずがないよね。男だったらドーンと行ってみなさいよ。エバは女ですが。
 エバはどう答えたでしょうか。今度はこの新改訳を使いましょう。
2節、「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せられました」。
罪とは何でしょうか。エバの言葉こそが、罪とは何かを教えています。罪は、神のことばを取り違えるところから始まります
よりわかりやすくするために、もともと神が語られていたのはどういう言葉であったのかを見てみましょう。
ページを前に戻り、創世記2章16、17節で、神はアダムにこのように語っておられました。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。
 神様のオリジナルの言葉と、エバの言葉とを比べてみて、違いがわかるでしょうか。
「思いのまま」を取り除き、「それに触れてもいけない」と勝手に付け加え、さらに「必ず死ぬ」という警告を「死ぬかもしれない」と薄めています
エバは、神の愛を疑っていました。彼女にとって、神はすべての所有者なのに肝心なものは独り占めする、恐ろしい方です。
「それに触れてもいけない」と付け加え、「思いのまま食べてもよい」を取り除いているのは、彼女の心の中の疑いを表しています。
じつはこれこそが、罪の本質です。罪とは、何かを盗んだとか誰かを傷つけた、ではありません。
神のことばを軽んじて、神のみこころよりも自分の考えを優先しようとするとき、そこに悲劇が起こります。
私たちにおいてもそうです。聖書の中には、私たちがどう生きていくべきか、何を避けていくべきかが確かに書かれています。
しかし神のことばよりも、自分自身の考えや損得を優先することから、罪は始まります。
盗みや傷害という行いの罪も、もとをただせば神の視線と神のことばを忘れ、自分を神とするところから始まっているのです。
神を正しく恐れなければなりません。神のことばを踏みつけるならば、あなたがたは必ず死ぬと警告されているのです。続きを読む
posted by 近 at 22:02 | Comment(0) | 2017年のメッセージ