最近の記事

2017.5.28「何をささげるのか」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』4章1-16節 

1.
 子どもに名前をつけることは、親にとって最上の喜びではないかと思います。
かつて同盟教団の理事長をされた岡村又男先生という牧師先生がおられます。
ご両親が女の子を願っていたのに男の子ばかり続けて産まれるもので、また男かというため息まじりにこの名前になった。
そんな噂がありますが、本当かどうかはわかりません。
 自分たちの犯した罪によって楽園を追放された人類の始祖アダムとエバは、自分の長男にカインという名前をつけました。
カインが後に犯したあまりにも恐ろしい罪により、カインという名前は悪いイメージがありますが、それは神への感謝を意味する言葉だったのです。
カインは、ヘブル語でカーニーシ、神が得させてくださったという言葉から来ています。
アダムとエバは、最初の子どもが生まれたときに涙を流して喜んだのではないでしょうか。
神様に逆らって罪を犯した私たち夫婦に、神様は子供を得させてくださったのだ。
彼らが楽園を去る前、神はエバから生まれる子孫が蛇の頭を踏み砕くという預言を与えておられました。
もしかしたらこの子が、その約束そのものか、あるいはこの子の子孫から、そのような者が生まれるのではないか。
 カインという名前がここまで両親の希望が込められていたのに対して、アベルに対しては名前の言われもなく、あっさりしたものです。
明らかにカインは両親の期待と信頼を背負っていた名前でした。
たとえ彼が後にどれだけ大きな罪を犯してしまうとしても、彼にかけられていた両親の期待と感謝、そして喜びは決して無視することはできません。
カインが両親に愛されずすさんだ心を持ち、アベルがその逆だったという姿を、聖書から読み取ることはできません。
むしろ、両親は表向きには信仰継承に成功していたと言えるでしょう。
二人とも、兄は地の作物を、弟は飼っていた羊からささげものを選んで、神を礼拝していたからです。
しかし両者のいけにえが明暗を分けます。「神はアベルとそのささげものには目を留めたが、カインとそのささげものには目を留められなかった」。
なぜアベルのささげものは受け入れられて、カインのささげものは拒絶されたのでしょうか。続きを読む
posted by 近 at 14:00 | Comment(0) | 2017年のメッセージ