最近の記事

2017.7.9「天を仰げば」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』5章17-26節 


1.
 イエス様は、どんな病でもいやしてくださる。そんな噂が村から村へ、町から町へと広がっていました。
パリサイ人や律法の教師たちは、怪しげなイエスという男の尻尾をつかんでやろうと考えていたのでしょう。
彼らも含めて、今日もイエス様の周りには足の踏み場もないほどの人だかりができていました。
野外ならまだしも、それが家の中ですから、集まった人々も大変です。
 そんな中、突然天井からばりばりという物音が聞こえました。でかいネズミか、それとも晴天の落雷か。
みなが驚いて天井を見上げます。あれ、目が痛い。ほこりや、漆喰のかけらや、木の切れ端がぱらぱらと落ちてくるではありませんか。
当時のユダヤの家屋は屋根がはがしやすい構造になっていました。しかしそれでも、屋根を外すなんて非常識です。
人々が声を上げるなか、四隅を縄でつり下げられて、寝床がゆっくりと真ん中におろされてきました。
そこに寝かされていたのは、寝たきりの中風の人でした。四隅の縄を天井でつかんでいたのは、おそらく彼の友人たちでしょう。
この招かれざる客人を、イエス様はどのように見上げられたのでしょうか。
 しかし、イエス様が見つめておられたのは、ぶち破られた屋根でもなく、吊り下げられた寝床でもありませんでした。
20節にはこう書いてあります。「イエスは彼らの信仰を見て」と。「彼らの信仰」とは何でしょうか。
それは、たとえ人々から非常識だと後ろ指を指されても、神に近づこうとする信仰です。
「彼ら」の中には、この友人だけでなく、この寝床に伏している中風の人も含まれています。
イエスは彼らの破天荒な行いを、「信仰」として認められました。私たちの常識や理性が、私たちを神に近づけるのではありません。
たとえ人の目にはどう映ろうとも、イエス様ならば何とかしてくださると信じて、ひたすら主に近づいていくこと。
それがイエスの認められた信仰です。続きを読む
posted by 近 at 16:13 | Comment(0) | 2017年のメッセージ