最近の記事

2017.7.23「みこころがわからなくても」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』11章1-16節 

序.
 先週、日野原重明先生が天に召されたのは、私にとって少なからずショックでありました。
昨日も宣教区で子育て講演会がありましたが、
若い人が胸を張って子育てができる社会は、まず高齢者が胸を張って生きていける社会でなければ、下の世代は成長しません。
二十年前の話ですが、当時の市長が百歳の半寝たきりのお年寄りを訪問したときに、
その方がベッドの上で上半身ひれ伏して、「こんなに長生きしてごめんなさい」と言ったということを役所の先輩から聞いたことがあります。
ですから日野原先生には120歳まで生きていてほしかったと思いました。
じつは私は、日野原先生と競争をしていたのです。
日野原先生がこれからは神様のために生きると誓ったよど号ハイジャック事件は、ちょうど私が生まれる一年ちょっと前のでできごとだと知って、
日野原先生はその後の47年の人生を、私は46年の人生を、お互いに悔いのないように神様のために生きよう、と。
お互いにと言っても、ご本人と約束したわけではなく、私の勝手な決意なのですが。
しかし目標のある人生というのは、張りが生まれます。
日野原先生が先に天に召されましたので、私が「生き方競争」に勝利を収めるのは時間の問題と思われますが、
神にささげたわが人生に悔いなしと、いずれ私が天に召されるときに思えるかどうか。
それはみなさんが私の説教と牧会にちゃんと答えてくださるかどうかにかかっております。よろしくお願いいたします。続きを読む
posted by 近 at 14:38 | Comment(0) | 2017年のメッセージ