最近の記事

2017.9.3「赦せない友へ」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
私は説教のタイトルをつけるのに苦労するタイプですが、今日の説教題「赦せない友へ」は説教を書き終えた後、すぐに決まりました。
誤解されるようなタイトルですが、二つの意味をかけています。
ひとつは、救われた後もまだ誰かを赦せない思いの中で苦しんでいる、友人のクリスチャンたちへ。
もうひとつは、牧師として歩んではいても、誰かさんに対する赦せない思いを抱えている自分自身へ。
たとえ人間の感情では赦せない相手であっても、その人はキリストにあって私の友なのだ、と。
ちなみに赦せない相手とは当教会員ではありませんので、念のため。つまずかないでくださいネ。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』18章21-35節 

1.
 「赦せない人がいる」という相談を受けることがあります。
そしてその相談者もクリスチャンで、赦せないという相手もクリスチャン、場合によっては同じ教会員、ということもあります。
いやあ、世の中には人間が80億もいるんですから、赦せない人だって一人や二人はいるでしょ、という軽いノリで答えたいところですが、
真面目なクリスチャンからの相談の場合、牧師も真面目に答えなければいけません。なぜかというと、次にこういう質問が来るからです。
「でも、私が他人の罪を赦さなければ、神様も私の罪を赦してくださらない、と聖書に書いてあるじゃないですか。
だから私は赦したいのです。でもあの人が私にしたことを思うと、頭に血が上って、どうしても赦せないのです」。
 今日の聖書箇所は、まさにその、「聖書にこう書いてあるじゃないですか」と引用される箇所です。
「兄弟が私に罪を犯したら七度まで赦すべきですか」と聞いてきたペテロに、イエス様は「七度を七十倍するまで」と答えられました。
言うまでもなくこれは490回まで赦せという意味ではありません。完全数七をさらに七十倍、すなわち無限に赦しなさい、ということです。
さすがイエス様、懐がデカイ!と言いたいところですが、実際に赦せない相手を持っている人には、あまりにも酷な命令です。
さらにイエス様は「あなたがたも心から兄弟を赦さないなら、天のわたしの父も、あなたがたに、このようになさる」とさえ言われました。
赦さなければ、私たちは天の神様から救いを取り上げられて、永遠の地獄へと落とされるということなのでしょうか。
 しかしイエス様のたとえ話に出てくる、この悪いしもべが「借金を全部返すまで、彼を獄吏に引き渡した」という言葉を誤解しないでください。
これは、私たちも人を赦さないならば、せっかく与えられた救いを取り上げて地獄に投げ込まれる、という意味では決してありません。
聖書は、私たちの救いが絶対であるということを教えています。
それは、イエス様の十字架は、過去犯してしまった罪だけでなく、将来に犯してしまう罪のさばきも引き受ける、完全な救いだからです。
すでに信じて救われた私たちが、だれかを赦さないからと言ってその救いを取り上げられて結局地獄に落とされるということは決してありません。
そもそも、地獄とは永遠につづく、いつまでも終わりのないさばきです。
もし「借金を全部返すまで」という期限つきの地獄があったとしたら、そんなものは地獄の名に値しない偽物でしょう。続きを読む
posted by 近 at 20:49 | Comment(0) | 2017年のメッセージ