最近の記事

2017.9.10「同じようにできますか」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
この前の日曜日、私が代務をしている村上福音キリスト教会の新会堂建築工事の起工式・定礎式を行いました。
ほっとしたのでしょうか、その後体調を崩してしまい、今朝まで丸二日間寝込んでおりました。
そんなわけでブログのアップデートも遅れてしまい申し訳ありません。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』10章25-37節 

1.
 今日の聖書は、「よきサマリヤ人のたとえ」と呼ばれており、クリスチャン以外の人にもよく知られております。
しかし有名な箇所であるにもかかわらず、多くの人がその内容を誤解しております。
というのは、この物語のまとめが「私たちもこのサマリヤ人のように、困っている人たちを助けましょう」としばしば受け止められてしまうからです。
もちろん、私たちがこのサマリヤ人のとった行動を模範として歩むことは間違いではありません。
しかしこの物語をイエス様が語られたのは、よい行いをしたからといって神の国に入れるわけではない、ということを示すためでした。
神の国に入る資格は行いではなく、信仰です。
それを示すためにこのサマリヤ人のたとえが語られたのに、クリスチャン、ノンクリスチャン例外なく、この物語から行いを強調します。
 しかし今日の物語をよく味わっていただきたいと思います。
行いによって救われると普段から語っていた祭司やレビ人は、肝心なところでこの半殺しの旅人を見捨てました。
一方でユダヤ人から忌み嫌われていたサマリヤ人は、かわいそうに思い、介抱しただけでなく、この後も私が責任を持ちます、と言いました。
大事なキーワードは「彼を見てかわいそうに思い」という言葉です。
普段は憎み憎まれる関係にありながら「かわいそうに思った」のは、人間の意志の力ではなく、聖霊がこの人の心と行動を導いたからです。
しかしこの律法学者は最後まで気づいていません。彼にとっては「あわれみをかけてやった」です。
「かけてやった」というのは人の意志です。そうではなく、サマリヤ人の心が聖霊によってとらえられたからこそ、彼の中に愛が生まれました。
このサマリヤ人の行動だけを真似しようとしても、それは偽善です。偽善の偽は、人の為すことと書くと同時に、人の為とも書きます。
「人のためだ」という言葉は、じつは自己満足で付き合っている行動を正当化する言い訳になります。
私たちは、このサマリヤ人の物語を読み、行動だけを模範としないように気をつけなければなりません。
イエス様が言われた、「あなたも行って同じようにしなさい」とは、行動を指しているのではないのです。
行動をつかさどる、心の中の動機を、人間の意志や情熱ではなく、聖霊が私を導いてくださるように祈りなさい。
あなたの人生と生活をキリストの御霊に明け渡しなさい、と命じておられます。
その視点を最後まで忘れることなく、私たちはこの聖書の物語を味わっていきましょう。続きを読む
posted by 近 at 08:10 | Comment(0) | 2017年のメッセージ