最近の記事

2017.10.1「そうすれば、祝福しよう」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1939年に独ソ不可侵条約が結ばれたとき、「欧州の天地は複雑怪奇」という言葉を残して総辞職したのは平沼騏一郎内閣でした。
今まさに極東の天地は複雑怪奇、いったい誰に、何処に、投票すればよいのでしょうか。
日本の政治家たちの言葉、信条、決断の薄っぺらさ。国民が放置されていることへの怒りと悲しみが湧き起こります。
ヒトラーが、大嫌いなスターリンと手を結んだとき、「ベルゼブルを追い出すためのサタンとの契約だ」と側近に語ったそうです。
(新約聖書を読んだことのある人にはわかりますが、これはヒトラーがイエス様のことばをもじったものです)
安倍首相や前原、小池両氏を彼らのような独裁者たちと並べるのは言い過ぎかもしれませんが、
少なくとも「排除」「選別」というような言葉を平気で口にするような人たちから「希望」は感じません。
 ところで、月曜から木曜まで教団の伝道懇談会および松原湖研修会で留守にします。
更新が遅れますので、まだ土曜日ですが、説教原稿だけあらかじめアップしておきます。
ただし豊栄教会の方は、説教原稿を読んだからといって明日の礼拝を休んではいけませんよ。

週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』11章27節-12章9節 

1.
 アブラムの父テラは信仰の人でした。彼はアブラム、サライ、ロトとともに、聖書にある約束の地、カナンに向けて旅立ちました。
しかし彼は途中、ハランの町まで来たらそこに住み着いてしまいました。サライは、子どもの生まれない体でした。
ロトは性格はよくわかりませんが、後でソドムの町に取り込まれた所を見ると、どうもおカネやモノに弱い人だったようです。
そしてアブラム自身も、家族一人ひとりに問題を感じながらも、現状維持に留まっていました。
ここにいるのは、神の約束の地の一歩手前まで来ていながら、人間関係や現実という見えない壁を越えられない人々の姿です。
 しかしじつは神に用いられた人物として聖書に登場する人々は、みなそのような痛みを抱えていました。
モーセ、ダビデ、エリヤ、ペテロ、信仰の勇者たちもまた、みな自らの弱さやふがいなさに痛みと失望を抱えて生きていたことがあったのです。
しかし確かなことは、神は彼らを定められた時に、みことばをもって召されたということです。アブラムにおいてもそうでした。
神は、偶像にあふれた町ハランで、力強いみことばをもって彼を再び招きます。創世記12章1節から3節までをお読みします。
「その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。
そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。
あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される」。
 この言葉は、テラが死んだ後に語られた言葉ではありません。
神がアブラムにこの言葉を語ったのはアブラムが75歳のとき、それは父テラが145歳のときでした。
テラの一生は205歳と別の箇所で語られていますから、このときテラはまだ生きていたということになります。
しかも亡くなったのはこのときから60年も後ですから、年をとりすぎて町を出られなかったということでもないでしょう。
テラは祝福の地カナンよりも、偶像の町ハランにとどまることを選びました。しかしアブラムは違いました。
この神の言葉に従い、父をハランに置いたまま、サライとロト、その他の人々を連れてカナンへと旅だったのです。続きを読む
posted by 近 at 22:29 | Comment(0) | 2017年のメッセージ