最近の記事

2017.10.8「二つの祭壇」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
先日の松原湖研修会では、「宗教改革500年と聖書信仰」というテーマのもと、200人以上の教師・信徒が集まりました。
しかしテーマ以外にはどういう講演内容なのかが事前に知らされていないので、どうも消化不足の感をぬぐえません。
何でも、近年、藤本満氏の著作『聖書信仰−その歴史と可能性』が福音派の聖書理解に一石を投じたそうであります。
そこでその応答として『聖書信仰とその諸問題』(聖書神学舎教師会編)が出版され、・・・正直言うと、よくわかりませんでした。
「(近)先生は二冊とも読みましたか」と講演中、隣に座っていた某先生から聞かれました。え?
お、おう。当然ですよ。こちとら聖書信仰ですよ。プロテスタンティズムの倫理とナントカの精神ですよ。
読んだふりをしながら、とりあえず講演随所で頷いていましたが、それはともかく、松原湖バイブルキャンプの食事は極上です。
だいたい、ルターの宗教改革が信長誕生よりも早いということがいまだに信じられません。いろんな意味でルターは偉大ですね。
週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』12章10節-13章4節 

序.
 牧師が信徒や求道者の方をカウンセリングするとき、ときとして「逃げる」ことを選択肢として勧める場合もあります。
不信仰ではないかと言われそうですが、聖書は、逃げることはどんな場合でも罪だとは教えておりません。
逃げることが適切な場合もあります。
この創世記の終盤には、アブラムのひまごにあたるヨセフが、兄弟に売られてエジプトで奴隷になったというできごとが書かれています。
美少年ヨセフは、主人の妻から「私と寝ておくれ」と上着をつかまれたとき、外へ逃げ出しました。
この箇所から、なぜ彼女を諭すことをあきらめて逃げ出したのかと、彼の行動を批判する説教を、私は聞いたことがありません。
もし自分ではどうすることもできないとき、逃げることもまた選択肢の一つとして、神が扉を開いてくださることもあるのです。
 もちろんカウンセリングの中で、いつも逃げることを勧めるのではなく、「神様に信頼して、立ち向かいましょう」と励ますことも多くあります。
しかしとくに聖書的カウンセリングは、人々の心の状態それぞれに応じて、もっとも適切と思われる答えを示していくものです。
箴言18章14節に、こういう言葉があります。「人の心は病の苦しみをも忍ぶ。しかし心が痛むとき、だれがそれに耐えようか」。
立ち向かえる心の状態の人もいれば、逃げることが最善である状態の人もいます。
その人の心の状態に応じて、ある時にはとどまって戦いなさい、ある時には逃げなさい、それは決して矛盾でも不信仰でもありません。
あるいはヨセフの場合のように、心が壮健であっても、逃げることが神のみこころであった、そういうことも起こりうるのです。

 では、アブラムの場合はどうだったのでしょう。カナンにききんが起きたとき、彼がエジプトに逃げたことは正しかったのでしょうか。
立ち向かうべきか、逃げるべきか。それを見極める鍵となる、一つの言葉が、12章から13章にかけて繰り返し語られます。
それは何でしょうか。「祭壇」です。
アブラムがカナンに到着してまず祭壇を築き、移動した先で新しい祭壇を築き、エジプトから帰って来て祭壇を築き直した。
これは明らかに意味をこめられて、何度も記されているのです。今日の聖書箇所の直前、12章7節をご覧ください。
アブラムは親子二代にわたる希望の地であるカナンに入り、シェケムで最初の祭壇を築きました。
つぎにベテルとアイの中間地点に移り、そこでもまた祭壇を築きました。なぜ彼は祭壇を築いたのでしょうか。
神を礼拝するためです。より正確に言うならば、自分の生活の中に神が生きておられることを感謝するためです。

続きを読む
posted by 近 at 19:41 | Comment(0) | 2017年のメッセージ