最近の記事

2017.10.15「人生は止まらない」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
この主日は、年に一回のお楽しみ、教会バザーでした。説教時間も当社比30%ほど切り詰めなければならないので緊張モノです。
正午からのスタートですが、30分位前から小さな行列ができるほどに好評を博しております(ホラ話の多い当ブログですが、これはホント)
開場までにお客様が入ってこないよう牧師夫妻が門番をするというよくわからない奉仕があてがわれ、とにかく頑張りました。
バザー来会者が礼拝に繋がることはめったにないのですが、それでも教会の存在を覚えて頂く、大事な機会と考えて、続けております。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ガラテヤ人への手紙』2章20節 

1.
 今日はバザー準備のために、くれぐれも説教の時間は短くしてくださいという厳命を受けております。
最近私が経験したことを通して、神様が人間に与えてくださる、いのちのご計画をともに味わいたいと願います。
教会員の方には、私が15歳のときに骨の病気で左足を切断したという話は何度もしているのでまたかよと言われそうですが、
その後退院してからも、半年に一回、大学病院で検査するという生活を30年以上続けています。
 30年前に私の手術の助手をしておられたA先生が、ずっと私を診察してくださっています。
15歳当時、私は無口で無愛想なこの先生が苦手でした。今も苦手です。
いつもこっちに背を向けて、机の上のカルテを見ながら、こっちを向いて話してくれない。30年付き合ってても、まったく親しくなれません。
でも先日、いつものように診察を受けていたとき、その先生の白髪交じりの横顔を見ていて思いました。
私も30年のあいだ、先生にひと言も心からお礼を言ったことがなかったなあ。でもいきなり、「ありがとうございました」というのも何だかなあ。
すると、何気なくこんな言葉が口に出ていました。「先生、骨肉腫という病気は、30年前は危険なものだったんですよね」。
私のかつての病名が骨肉腫であることは知っていて、当時は危険な病気だったというのを本で読んだことがあったのです。
すると先生は、相変わらずこっちを見ないまま、「今も危険ですよ」と答えました。その態度に腹が立ちました。
などということはなく、その危険な病気にこの先生は30年付き合ってくれたんだなあという思いが湧き出てきました。
次の瞬間、「先生、ありがとうございました」と自然にことばが出てきました。
そのときに先生はこちらを不思議そうな顔で振り返りました。40半ばの男が言うのもなんですが、たいへんに照れくさかったです。

続きを読む
posted by 近 at 17:39 | Comment(0) | 2017年のメッセージ