最近の記事

2017.11.12「目をさまして語り続けよう」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
ブログ移転しました。経緯の詳細は旧ブログのほうに載せておりますが、今後ともご愛顧ください。
移転を機に、ブログ名称も「村の小さな教会」から「豊栄の風〜T-Breeze」に変えました。
当教会の有志で構成している、合唱グループの名前からとっています。決して、SEA BREEZEのパクリではありません
旧ブログを立ち上げてから約6年、「村の小さな教会」で検索すると上位にヒットするようになったのですが、また仕切り直しです。
新ブログは、スマホで見ても従来のうっとうしい広告表示がまったく出て来ません。快適。ぜひスマホ版もお試しください。
スマホ版では私の顔がサムネイルで連続して出てくるので、これもある意味うっとうしいかもしれませんが。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの黙示録』3章1-6節 

1.
 今日の聖書箇所はヨハネの黙示録、イエス様がサルデスの町にあった教会に対して語られたみことばです。
しかしその言葉は、叱責から始まります。しかもその激しさは尋常ではありません。「あなたは生きているとされているが、じつは死んでいる」と。
これは、いのちを与えられたキリスト者にとって、なんと悲しむべき、イエス様からの言葉であるでしょうか。
 この黙示録が書かれたのは、ローマ帝国の時代ですが、サルデスは、かつてリディア王国という国の首都があったところでした。
リディアはペルシャ帝国に滅ぼされ、サルデスはそのペルシャ帝国の重要拠点のひとつとなるのですが、
そのペルシャもやがてギリシャのアレキサンダー大王に滅ぼされ、そしてこの手紙が書かれた時代は、ローマ帝国の重要拠点となっていました。
今日の週報の表紙には、このサルデスの遺跡の写真を掲載しました。
これは公衆浴場とシナゴーグの複合施設です。これだけでも、サルデスの町の豊かさが伝わってくるのではないでしょうか。
SardisBathcomplex.jpgLydia_ancient_times-ja.png

続きを読む
posted by 近 at 15:48 | Comment(0) | 2017年のメッセージ