最近の記事

2017.11.19「ボクはイサク」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
私はたまに説教の中で落語やコントを挿入することがありますが、いつも準備不足で中途半端な印象がぬぐえません。
今回も「子ども祝福式」を礼拝の中で行った流れの中で、説教全編を少年イサクの独白という形にしたのですが、やっぱり準備不足。
46のおっさんが照れながら朗読劇をするような感じになりました。昔は原稿も一晩で暗記できたのですが。
いつか、アブラハム役を募集したうえで、練習をしっかり行って再演したいと思います。
週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』22章1-19節 

1.
 ボクはイサク。お父さんの名はアブラハム。お母さんの名前はサラ。
小さい頃は、イシュマエルというお兄さんがいたけれど、あるとき、ハガルさんという本当のお母さんといっしょに家を出ていってしまった。
それから、ボクは自分で言うのもなんだけど、お父さんお母さんから、本当に大切にされてきたんだ。
お父さんは、しょっちゅうボクを丘の頂に連れて行く。そこからは、今住んでいるカナンの場所が全部見渡せる。
そしてお父さんはボクを振り返ってこう言うんだ。
「見ろイサク、これらすべて、天の神様が作られ、わしらに与えてくださったんじゃ。わしのものは、すべておまえのものじゃ」。
お母さんは、いつも羊の肉じゃイサクが飽きるからと、ときどき行商人が集まる市場へ連れて行ってくれる。
でも市場に行くと、会う大人たちみんなが、お母さんにこう言うんだ。「かわいいお孫さんですね」って。
お母さんは最初の頃は、孫じゃありません、息子です、とむきになっていたけど、最近では適当に「ええまあ」とか言ってやり過ごすようになった。
でも、知らない人がみたら、やっぱりお母さんはお祖母ちゃんにしか見えない。だってお母さんが90歳の時にボクが生まれたんだもの。
おばあちゃんどころか、ひいおばあちゃんに見られたって不思議じゃない。おとうさんだって、ひいおじいちゃんだ。
ときどきボクが食事の時にふたりにそう言うと、お父さんは大声で笑う。そしてその後、必ずボクの目をまっすぐ見て、こう言うんだ。
「イサク。わしが100歳、母さんが90歳の時にお前が生まれた。だがお前を生んだのは、わしでも母さんでもない。
神様がわしらへの約束を守って、お前をこの世界に生んでくださったんじゃ。だから何があっても、神様への感謝を忘れてはならんぞ」。
ボクがうなずくと、お父さんはにっこり笑う。お父さんは笑うと皺だらけの顔がもっとくしゃくしゃになって、目が皺のあいだに隠れてしまう。
そんなお父さんの笑顔がボクは大好きだ。お父さんとお母さんが、いつまでも元気で、ずっと一緒に暮らせたらいいなあ。

続きを読む
posted by 近 at 13:10 | Comment(0) | 2017年のメッセージ