最近の記事

2017.12.3「希望は目に見えない」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『イザヤ書』9章1-7節 

1.
 1節をお読みします。
「しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は、はずかしめを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダン川のかなた、異邦人のガリラヤは光栄を受けた。」
ここに挙げられている地名、ゼブルン、ナフタリ、ガリラヤといった町々は、イザヤがこの言葉を語った頃、すでに滅んでいました。
正確に言うと、町は残っていましたが、そこに住んでいた人々はアッシリヤ帝国という侵略者によって捕らえられ、外国へ連れて行かれました。
代わりにこれらの町々には、やはりアッシリヤに征服された外国の民が強制的に移住させられてきたのです。
さらにアッシリヤの暴挙は、それにとどまりません。
今度は、その連れてきた外国人たちを、移住を免れたわずかなイスラエル人たちと結婚させ、混血の人々を生み出しました。
これが、イザヤから700年後のイエス様の時代、ユダヤ人と対立していたサマリヤ人の先祖になります。
「はずかしめを受けた」とは、そのように民族の純血が犯されたという意味のことばです。
 しかしどんな重く苦しい暗やみが支配しているところであっても、神の御手が差し伸ばされないところはありません。
聖書を注意深く読んでいきましょう。1節後半では、異邦人のガリラヤは光栄を「受けた」。
2節では、やみの中を歩んでいた民は、大きな光を「見た」。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が「照った」。
「受けた」「見た」「照った」。これらは、すべて過去形、すなわち、すでに実現したこととして語られています。
 現実には、町は荒廃し、人々の混血が進み、イスラエル人としての誇りや希望はすべてが取り去られていました。
しかしイザヤの目には、彼らの上に神からの大きな、暖かい光が差し込んでいく光景が、すでに起こったこととして鮮やかに映っているのです。
これこそ、私たちがどんなに暗い世相や現実の中に生きていたとしても、決して勇気を失うことがない秘訣です。

続きを読む
posted by 近 at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年のメッセージ